ピラティスしてたら1+1のこたえと破壊について考え込んだ話

ピラティスしてたら1+1のこたえと破壊について考え込んだ話

腰痛に悩んでいる方けっこういますよね。

わたくしもそうです。

正確には過去、そうでした。

 

医療系システム関連営業をしていましたので、営業車で各地をとびまわってでっかいサーバー端末やPC端末、プリンターなどを納入する際に無理して持ちあげたりしているのが腰にわるかったのでしょう。あるひ営業車を降りた瞬間に膝から(腰から?)崩れ落ちました。

 

意外と重症で入院までしてしまったんですが、

退院後に自宅のポストに入っていた「ピラティス教室」の1枚のチラシ。

腰のまもりかた、そもそもカラダの正しいうごかしかたを学べるなと直感し。

その場で正式に申込んでビギナークラスに通いだしました。

 

ピラティスは、ドイツのジョセフ・ピラティスさんが自分自身のカラダの強化のために編み出したエクササイズです。

ドイツの傷病兵がベッドに寝たままインナーマッスルを強化できるリハビリテーション系のエクササイズとして評価され、アメリカに渡ってからはダンサーや俳優、スポーツ選手にもパフォーマンスを向上させるエクササイズとして広まっていきます。

「身体のストレッチ、筋力強化、バランス強化を目的としてデザインされたエクササイズと身体の動作法を実践するエクササイズ」として日本でも愛好家が増えています。

 

ピラティスを実践していて感じるのは、深い呼吸とともに安定したカラダの芯、軸から頭部、体幹部、四肢や指先までしなやかに何度もうごかしていくことで

カラダの感覚が研ぎ澄まされ、「自分自身でカラダを動かしている実感」を感じる能力が高まることです。

この感覚は自己肯定感の向上に繋がり、カラダの動きに集中することは自分自身の内側を見ている感覚がうまれます。

俗にいう「内観」の状態ですね。

 

ピラティスエクササイズを行うことで日々の生活ですこしづつずれはじめていたカラダの軸や機能は修正されていきます。

関節可動域もひろがり、伸びるべき部位は適正な長さへ。あるべき骨の部位はご自身の一番機能的な位置へ移動しはじめ、本来の動き・能力を取り戻します。

メンタルトレーニングでは自己効力感を大切にサポートしていますが、

自分のカラダをコントロールできる幸せな感覚はまさにこれです。

 

数週間経った頃。

スタジオから駅まで向かういつもの道の風景が変わったことに気づきました。

しっかりカラダを動かし伸縮を繰り返すことで立位、あるく姿勢がよくなったようです。

端的に言えば、背が高くなった感じでした。背筋が伸びて目線がすこし高くなったのでしょう。いまでも忘れられない感覚です。

 

 

「1万時間の法則」ってご存知でしょうか。

すこし前に話題になったので覚えている方もいらっしゃるかと思います。

特定分野で一流になるために必要な練習時間の目安として

心理学者のアンダース・エリクソン博士が提唱したものです。

 

ただ単純に1万時間を費やすだけではだめで、

目的、意図をもった練習である必要があるということ。

そのためには明確な目標とそこに向けた道筋を自己決定し、修正しながら目的地へ進み続ける状態が必要ですよね。

1万時間といえば1日8時間練習するとして3年以上かかる計算です。

 

もうひとつ。

守破離の法則はいかがでしょうか?

守・・・師や流派の教え、型などを忠実に守り、真似し、確実に身につける段階のこと

破・・・教え、型に対して窮屈さを感じた時点でいったん破り、活用・応用して自分の型を模索、試行錯誤する段階のこと

離・・・「破」の試行錯誤を経て自分の型を確立するために師の教え、型を自分の導き出した型から俯瞰し両方の良さが理解できている段階のこと

 

一流になるためにはこの1日8時間以上、3年以上の時間を「守」だけではなく、細かい守・破・離を繰り返すとよいのかなと感じています。

新しい分野に飛び込んだならば守のところ、ベースをしっかりと築きつつ。

いったん破壊しても残る土台を着実に。守・破を繰り返す。

ひとつの動作を繰り返し、考え、修正し進み続ける。

それらをいったん離れた、別の視点から俯瞰する。

 

 

1と1を足すと答えは2でしょうか。

算数的には2で正解ですよね。

 

でも、その1がどんな「1」なのかって前提を覆してみると答えが「2」だけではないことに気づきます。

 

コップの水にもう一方のコップの水を足したなら。

体積は2倍だけど答えは「1」でもよさそうです。

 

砂浜で右手にすくい取った砂と。

左手ですくいとったもうひとかたまりの砂だったら。

 

同じように体積は2倍になるけど砂の粒子で考えたなら(あまのじゃくでしょうか)

2どころではないですね。

 

だれもが疑ったことのない「1+1のこたえ」。

なにも疑問にかんじずにいれば新たな発見はありません。

「さいきん新しい発見ってしていないな」って少し感じるようなら。

そろそろちいさく「破」を試してみるのもたのしそうです。

 

 

守・破・離の話題だったので今日の動画はこれでしょうか。

なつかしのブロック崩し動画。

ボリュームのつまみみたいな回すコントローラーのこまかいうごきが難しくて難しくて。。


(おっさん歓喜)

 

以上、「ピラティスしてたら1+1のこたえと破壊について考え込んだ話」でした。

 

この記事を書いた人→Shinya

 

※  ※  ※

 

自分自身のこれまでをいったん躊躇なく壊してみる「自信」「決断力」「予測力」「判断力」

こわした自分を一から作り始める「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」

深い呼吸で内観のたのしさを知る「精神の安定・集中」。

 

ご自身のこれらの9因子傾向を52の質問で可視化し、スポーツメンタリスタ・レベル1準拠で個別アドバイスする

心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)結果に基づいたメンタルトレーニングサポート」モニター

 

第4期はまもなく募集開始です。

 

ご興味ある方は先着順で仮受付させていただいております。
第3期とサービス仕様、価格は変更の可能性がございます。
リンク先のGoogleフォームから仮受付をして下さい。

こちら

 

※  ※  ※

 

3月、4月サイクリングイベント絶賛募集中ですよ。春もうすぐ。

河津桜はもう満開ですね^^

 

定番の江ノ島発着の三浦半島マグロしらす丼コース80km、110kmに加え、攻め・休むダンシングに加えピレネー山脈で開眼した「サボるダンシング」も試すことができる、三浦半島で実施する【ヒルクライム講習80㎞】しらす漁解禁目前&城ヶ島かねあさんの(=^・^=)大漁です。

 

概要とイベントページリンクはそれぞれリンクから、または下記からどうぞ♪

 

春!桜!ねこ!まぐろしらす♪ 4月サイクリング他イベントの募集開始しました!

 

3月カレンダー→こちら

4月カレンダー→こちら

 

※  ※  ※

 

個人で企画したイベント、レッスンサービスを当コミュニティ上で告知したい方お気軽にどうぞ。(副業個人またはフリーランスの方に限ります)

当サイトへの掲載、各種記事末に記載する簡単なイベント紹介、当方SNS(FacebookページFBページイベントInstagramStrava、Twitter等)での告知、ご希望によりイベントバナー作成、サービス紹介記事作成などご協力いたします。

 

現在募集しているアクティビティは

・ピラティス

・ヨガ

・ランニング

・フィットネス・パーソナルトレーニング全般

・食関連イベント、レッスン

 

掲載希望の方は貴社サービスの簡単な紹介と連絡先とともにフォームよりご相談くださいね。

 

問い合わせフォーム

 

※  ※  ※

 

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

ユーチューブ(動画を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)

料理は愛情

ロードバイクのレッスン提供をしていたら「料理は愛情」だな。と思った件。

最近、バイク(ロードバイク)のプライベートレッスンをご提供する機会がつづきました。

ここで感じたことをつらつらと書いていきたいと思います。

 

1人めのお客様は、ロードバイクデビューしてちょうど1年ほど。

フラットペダルで60〜80kmほど走れる走力をお持ちの方でした。

フラットペダルで80kmの走行って、固定ペダルになれているひとにとっては、意外と「マジか」の世界です。

 

でも。

 

ご本人的にはいまある実力、環境で自分の世界を着々と広げていったという事実に変わりはなく。

満を持して「固定ペダルに変えていこう」と思って模索し具体的にどうすればよいかの思考になった、ということ。

オーダーは「固定ペダル着脱の練習をしたい」「公道を走る前に固定ペダルの走行練習をしておきたい」「転ぶ練習をしておきたい」。

いいですね。

 

2人めのお客様。目標はフラット系のブルベ200km初完走。

今年に入ってから30km、50kmの走行を数回実施。

完走にはもっと走力が必要なことを自覚しており。

200km達成から逆算して、いま何が必要かの判断。

それをご自身だけではなく、レッスンを通して走力を把握して対応、ということ。

 

3人目のお客様。

初ブルベ200kmは走破できた。つぎの目標は累積標高が倍のブルベのゴール。

そのためにいま自分に必要なことは「平坦エリアの巡航速度アップ」「上りスキルの向上」「ダンシングをマスターする必要がある」、というご判断。

 

いいですよね。ご自身の能力、スキルが向上する見通し。

そのために何が必要か感じ、具体的に対応していくって本当に楽しいですよね。

 

 

この3名のかたに共通することって、みなさん、いかがでしょうか。

 

それは、

・直近の目標がはっきりしている。

・そのために具体的に何が足りないのか、何をすればいいのかが理解できている。

・ご自身でカバーできないことをアウトソースしてでも実現しようとしている(時間短縮)。

 

ご自身でさまざまな試行錯誤をして導き出す答えは真理をついていて、素晴らしいものです。重みがある。

一方で、認知できうる範囲を超えたうごき、技術にたどり着くまでには往々にして相応の時間コストがかかります。

 

あるメディアで、タレントさんが目をつぶって両手を水平に上げるテストというのを見ました。

やったことのある方、いらっしゃいますか?

実際にやってみると、自分の感覚で「この辺かな」と思う水平と、自分のカラダで実施した水平の動きとの乖離があることに驚くと思います。

ちょっと下がっていたり、上がっていたり。

 

今日のこの記事を朝の電車のホーム待ち時間、電車の中で立っている方がいたらすこし試してみていただきたいのですが、

両方のつま先をすこしだけ内側にずらし、こぶし一つ分くらいあけて両足が平行の状態、足の人差し指がまっすぐ前方になる位置にしてみてください。

「内股になっているんじゃないか」って感覚がありません?(男性に多いかもしれません)

 

はたからみると全然内股ではなく、むしろ地面にしっかり足をおいて美しい立ち姿になっています。

これらは、ご自身の頭のなかで認識しているイメージと、感覚のズレ、乖離です。

 

 

レッスンではこういった、「まだ想像できていない動き、技術」「動作と実際の動きとのズレ」などを、

説明、デモ、ドリルを実施して認知、理解、実施、定着まで限られた時間の中で進めていきます。

お客様によって目標とするところ、ご自身の動きの認知、走力はさまざまですが、

ヒアリングをしながら目標とするところをまずは設定していくところから始めます。

 

お客様の目標に到達するためには何が必要かを逆算してレッスンドリルを想定する。

実際に動きながら、現在のスキルを目標とする動きに近づけていく。

一緒に走って今の状態を把握し、内容を微調整しながら提供する。

レシピを準備し、お客様に味見をして頂きながら一緒に料理をしている、という感覚でしょうか。

 

 

できない理由を探して不安から目をそらして立ち止まるより、

できる理由を探して昨日の自分より僅かでもいいから、進化する。

 

今までの自分と、今日少し進化した自分を比較してみる。

そのためのお手伝いができればな、と思っています。

 

 

さきほどの立ちかた。

両足のつま先をまっすぐ前にして、こぶし一つぶんあける。

股関節、モモのつけねから右足は時計回りの回転、左足は反時計回りに回転させて、下腹部にじんわりチカラを。

上半身をその安定した腰にのっけてひと呼吸つき、両肩をいったんぎゅっとすぼめて上げてから脱力。

目線をあげて。すっとアゴをひくと美しい立ち姿的には完璧です。

 

電車の窓に映っているご自身をすこし観察してみて下さい。かっこいいし美しいですよ。しっかり立つ。

すこしだけ呼吸をゆっくりと、深く。

 

 

先日のレッスンで上りをがんばった方のInstagram動画を。

できることがふえていくのは、楽しいですよね。

 

 

View this post on Instagram

 

ドリル後のダンシングその2 ヒルクライムにもう、出てください♪👏💯

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿 –


(そんな方がふえていくことにお役に立てれば、わたくし幸せ)

 

以上、「ロードバイクのレッスン提供をしていたら「料理は愛情」だな。と思った件。」でした。

 

この記事を書いた人→Shinya

 

※  ※  ※

 

目標を設定し、現在の自分のスキルを把握して適切な対応をする「自信」「決断力」「予測力」「判断力」

認知のズレと目標との乖離を理解し、それを埋めていくことを楽しむ「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」

深い呼吸でゾーンに入り、とどまり続ける「精神の安定・集中」。

 

ご自身のこれらの9因子傾向を52の質問で可視化し、スポーツメンタリスタ・レベル1準拠で個別アドバイスする

心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)結果に基づいたメンタルトレーニングサポート」モニター

 

第4期は3月16日募集開始です。

 

ご興味ある方は先着順で仮受付させていただいております。
第3期とサービス仕様、価格は変更の可能性がございます。
リンク先のGoogleフォームから仮受付をして下さい。

こちら

 

※  ※  ※

 

3月、4月サイクリングイベント絶賛募集中ですよ。春まもなく。

 

定番の江ノ島発着の三浦半島マグロしらす丼コース80km、110kmに加え、攻め・休むダンシングに加えピレネー山脈で開眼した「サボるダンシング」も試すことができる、三浦半島で実施する【ヒルクライム講習80㎞】。しらす漁解禁目前&城ヶ島かねあさんの(=^・^=)大漁です。

 

激坂ヒルクライム系【箱根旧道ヒルクライム110km】古民家蕎麦ランチ【大野山ヒルクライム115km】激坂直後のうどんランチな【足柄峠ヒルクライム120km】。

 

宮ヶ瀬湖でマッタリのぼりからのイタ飯&牧場ジェラートを楽しむ【湘南&宮ケ瀬湖畔周遊 110km】など新コース&プログラム大幅追加。

 

ちょっぴり運動強度アゲ系の【Haute Route Training Ride】は2019年全てのオートルートエントリー時に大幅割引のHaute Route アンバサダー発行優待コード特典付きです。

 

4月はGW前に千葉のキャンプ場でヨガ×ボクササイズ×BBQな週末リトリート・プチトリップ。
今野龍子(KICKBOXING) × 加藤紅彩(YOGA) 春の一泊二日 エナジーバーニングリトリート!

 

 

概要とイベントページリンクはそれぞれリンクから、または下記からどうぞ♪

 

春!桜!ねこ!まぐろしらす♪ 4月サイクリング他イベントの募集開始しました!

 

3月カレンダー→こちら

4月カレンダー→こちら

 

※  ※  ※

 

個人で企画したイベント、レッスンサービスを当コミュニティ上で告知したい方お気軽にどうぞ。(副業個人またはフリーランスの方に限ります)

当サイトへの掲載、各種記事末に記載する簡単なイベント紹介、当方SNS(FacebookページFBページイベントInstagramStrava、Twitter等)での告知、ご希望によりイベントバナー作成、サービス紹介記事作成などご協力いたします。

 

現在募集しているアクティビティは

・ピラティス

・ヨガ

・ランニング

・フィットネス・パーソナルトレーニング全般

・食関連イベント、レッスン

 

掲載希望の方は貴社サービスの簡単な紹介と連絡先とともにフォームよりご相談くださいね。

 

問い合わせフォーム

 

※  ※  ※

 

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

ユーチューブ(動画を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)

 

※  ※  ※