Cycling

【サイクリング旅:アルプス山脈編】ブリアンソン発 ロータレ峠27.8kmの登り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【サイクリング旅】アルプス山脈編:ブリアンソン発、ロータレ峠のヒルクライム【音楽つき】

ロータレ峠(Col du Lautaret)はプロヴァンス-アルプ-コートダジュールにある峠です。ルートは二つ。

都庁所在地のブリアンソン(Briançon)からスタートする登り、ル・クラピエ(Le Clapier)から登るどちらも比較的穏やかなヒルクライムルート。

ロータレ峠スペック

 

この動画はブリアンソン発のルートです。
ロータレ峠を制したら、続いてガリビエ峠(Col du Galibier)とセットで登るのがおすすめ。
ガリビエ峠と続く美しい景色、スタート地点のブリアンソンの街並み、ヒルクライム中盤のル・モネイエ=レ=バン(Le Monêtier-les-Bains)の古い建築物も趣があり走行していてとても楽しいルートです。

 

距離は少し長めの27.8 kmロングヒルクライム。
平均勾配は3.1%、序盤の3~4kmは6~7%勾配、その後はマイルドな登りが続きます。
ヒルクライム初心者にもおすすめの峠です。

 

2016年オートルートアルプス、ステージ3。
この日はちょうどよい気温で楽しいヒルクライムでした。
動画内に旅をご一緒したサイクリスト達が映っていて懐かしいですね。

 

昨年よりコロナ禍で海外サイクリング旅をするには当時より格段にハードルが上がっているのも事実ですが、あともう少し我慢すれば必ずまた旅が出来るはず。

 

動画はヒルクライムスタートからほぼ60分。
エアロバイクなどの屋内トレーニングの素材として。
デスクワークやドライブ中のBGMとしてもお使い下さい。

 

サイクリングでアルプス山脈を訪れる際の参考にしてみて下さいね。

 

サイクリングレッスンご依頼、お問合せはフォームから。

2015~2018年はヨーロッパの峠を初心者なりに工夫しながらたくさん走りました。
レッスンではそのときに編み出したヨーロッパの峠を無理なく登る方法、ダウンヒルのしかた、ロング走や海外サイクリング豆知識などお伝えしています。

スポーツバイク初心者向けの登り方教室も各地で実施しています。
全国各地に出張対応、オンラインレッスン対応可。

まずは気軽に自転車の「お困りごと」、ご相談下さい。 

 

※全国各地でサイクリングツアーガイドをお探しの事業者様も各種ご依頼、ご相談お受けしております。貴社のツアー計画、様々なご希望に柔軟に対応させて頂きます。