Cycling

[自転車旅] アルプス山脈編:Colombière Haute Route Le Grand Bornand 〜 Col de la Colombière Climb 11.61km, 629m+

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【自転車旅】アルプス山脈編:Colombière Haute Route Le Grand Bornand 〜 Col de la Colombière Climb 11.61km, 629m+

 

ニースから出発したアルプス山脈自転車旅は7日目。

ピレネー山脈自転車旅から通算すると14日目です。

アルプス最終日はパスポートを背中のポケットにしのばせ、

フランスとスイスの国境を越えジュネーヴのレマン湖まで。

クールダウンなひかえめ走行の146km, 累積獲得標高は2,500m+, 3,200m-。

 

 

2016年当時のStravaから、7日目ルートと今回の動画の範囲と、

コロンビエール峠(Col de la Colombière)ヒルクライムの概要です。

 

 

動画は、Aravisをダウンヒルしてヒルクライムにスイッチする直前、集団に追いつき合流するところから。

Col de la Colombièreの景色を楽しみ、スイスアルプスの雄大さを味わいながらマイペースで登る車載動画、約45分。

 

 

 

 

オートルートアルプスに出場したきっかけは、

トライアスロンチームの方が2014年に出場し、

公式動画をみて「楽しそう!」と思ったから。

 

当時はまだ医療系システムのフルタイムの会社員でした。

トライアスロンをはじめようと2013年にロードバイクに乗りはじめ、その後ずいぶんとハマりました。

有給休暇をまとめて取得し毎年のように国内・海外のトライアスロンに出場していたので、

海外自転車旅に1週間以上赴くのにさほど抵抗はありませんでした。

 

そんな流れでトライアスロン+海外観光旅生活を志向し、

はじめて自転車(だけの)海外旅が、

「カッケーな!」の勢いでエントリーした2015年のオートルート・ドロミテ。


この初挑戦はあまりにもハードすぎて初日からリタイアしてしまいましたが、

実際に失敗し、限界の輪郭をはっきりと認識・把握することは、後にクリアするためのさまざまな分析材料になります。

このときは「170km走って4,000m登る」というのはイメージできずのまま渡仏。

事前練習に織り込めていませんでした。

当然の帰結であり、今となっては貴重な体験でのちのレースや仕事に対する姿勢にも良い学びとなりました。

 

 

2022年からオートルートはトライアスロン・ironmanシリーズの1ブランドとして、

さらにパワーアップします。

トライアスロンきっかけで始めた自転車旅生活。

・・来年こそは、と。

 

 

ひとそれぞれの生きかたがあります。

コロナ禍にある2020−2021、今後数年間の海外自転車旅のことに想いを馳せることは、

いまのご自身の自転車のある生活に彩りを添えてくれることでしょう。

 

 

 

動画に登場するみなさんの笑顔が懐かしい。

 

オートルートアルプス2016、Stage7。

すこしハードなColombièreを登る自転車旅のようすを音楽とともにご覧ください。

 

【自転車旅】アルプス山脈編:Colombière Haute Route Le Grand Bornand 〜 Col de la Colombière Climb 11.61km, 629m+



ムジューヴ周辺で自転車旅を計画するなら

コロンビエール峠、コル・デ・ザラヴィに近いリゾート地、ムジューヴ。

アルプス山脈自転車旅の拠点にするととても便利です。

 

周辺の峠とサイクリングルートの雰囲気をYouTubeチャンネルからいくつかご紹介。







 


サイクリングレッスン・ガイドご依頼

 

お問合せはフォームから。

 

2013年からはじめたロードバイク。

2015~2018年はヨーロッパの峠を工夫しながら走りました。

記事内にも書きましたが、失敗やDNFもおおかったです。

 

初心者がつまずくであろうポイントを

自分自身で把握し、練習してすこしづつ克服していきました。

 


サイクリングレッスンでは、

・アルプス、ピレネー、ドロミテの急勾配を初心者でも克服する「具体的なカラダと自転車のあつかいかた」

・私自身が感じたダウンヒルのリスクと、具体的な対策

・海外サイクリング旅のまめちしき

をお伝えしています。

 

出張対応、オンライン相談実施中。

メールやフォームからご連絡ください。 

 

※全国各地でサイクリングツアーガイド、レッスンプログラムをお探しの事業者様、各種ご依頼、ご相談お受けします。

貴社のツアー計画、様々なご希望に応じ対応いたします。

誰???