第3報:新型コロナウイルス感染症流行地域感染期におけるサイクリングイベント、その他イベント・レッスン実施に関しまして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Athlete Architect

新型コロナウイルス感染症流行早期~拡大早期におけるイベント、レッスンの実施については下記の通りとさせて頂く旨ご案内いたしました。

第1報はこちら (2020/02/24 05:00)

第2報はこちら (2020/02/27 13:00)

 

28日、WHOの発表で新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の危険性評価で世界全体を「高い」から、最高の「非常に高い」に引き上げられました。

 

新型コロナウィルス流行地域感染期における当サイトのレッスン、イベントについては下記の通りとさせて頂きます。

 

情勢に応じ、随時変更する可能性がござます。その場合は改めてご案内致します。

 

ご予約済み、エントリー済みの方には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

(2020年3月1日19:00発信)

 

—-———————————

2020年3月2日07:00追記

厚生労働省から下記のガイドラインが示されました。現段階で下記資料内に記載のある内容についてリスク管理の上レッスン、ツアーを実施いたします。

厚生労働省『新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために』令和2年3月1日版

—————————————

 

 

 

 

【サイクリングイベント・レッスン】※赤字部分が今回追加です

・3月の湘南サイクリングレッスン、ツアーは新規の方の受付を停止します。

・3月以降の湘南サイクリングレッスン、ツアーは過去にご参加頂いた方事のある方のみ、かつ後述のチェック項目を必ず確認の上ご参加お願いします

・屋内で実施するブリーフィングは中止します。事前に送信するメールのURLから参照可能な屋内講習、ブリーフィングスライドを視聴下さい。

・サイクリング集合場所は都度、最適な場所をエントリー済みの方に実施前日までにご連絡致します。

・イベント、レッスン当日は原則、自転車の自走か自家用車でご来場下さい。公共交通機関を利用して(例:電車輪行)来場される方は、イベント前日までに運営者までその旨お知らせください。

・参加前日夜、当日朝の検温を必ず実施していただき、前日18時発信の「開催通知メール」に対して返信をお願いします。平常時体温より1度以上高い場合、もしくは37.5度以上の場合、また下記のチェック項目に該当する方、体調が悪いと感じる場合は参加をお控えください。また、その旨早めにご連絡をお願いいたします。この場合も参加規約に準じますが、キャンセル期限についてはこの限りではありません。(後日振替対応可)

→ご希望により、お支払済み参加費のご返金を致します。

 

【チェック項目】

・37.5度以上の発熱、または平常時体温より1度以上高い状態が続いている

・咳、痰が出ている

・頭痛がある

・息切れ、倦怠感がある

・のどの痛みがある

 

・参加者ご本人、または同居人に新型コロナウイルス感染症に罹患した方、罹患した場合に重症化する可能性のある方(以下、*ハイリスク者)は参加をお控え下さい。この場合も参加規約に準じますが、キャンセル期限についてはこの限りではありません。(後日振替対応可)

→ご希望により、お支払済み参加費のご返金を致します。

*ハイリスク者・・・高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある患者、透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤などを投与されている方

 

・参加者の同居人に平常時体温より1度以上高い方、もしくは37.5度以上の方がいる場合は参加をお控え下さい。この場合も参加規約に準じますが、キャンセル期限についてはこの限りではありません。(後日振替対応可)

→ご希望により、お支払済み参加費のご返金を致します。

 

・レッスン、イベント実施中は運営者が所有する消毒用エタノールスプレーを手指、その他レンタル機器に都度利用することに同意いただきます。

・サイクリング集合場所、立ち寄りポイントは都度情勢を確認しながら変更をさせて頂く場合がございます、ご了承下さい。

 

【ピラティスレッスン】

・屋内実施レッスンは中止いたします。

 

【オンラインメンタルトレーニング】

・通常通りサービスご提供致します。

 

【写真教室】

・5月まで一時中止とさせて頂きます。

 

上記運用・・・即日

 

 

お問合せ、ご相談は下記までお願いいたします。

 

Athlete Architect 総合案内
電話:050-5278-9475
メール:info@athletearchitect.net
担当:ツシマ

SNSでもご購読できます。