防衛機制で他人にイラついちゃった・オラオラしちゃったときに思い出したいホピ族のことば。

防衛機制で他人にイラついちゃった・オラオラしちゃったときに思い出したいホピ族のことば。

「怒りは自分に盛る毒」という言葉。

それをふとしたタイミングで思い出します。

なんとなく心の中に残っているみたいで。

なぜなのかはわかりません。

 

現在も350部族いるアメリカ先住民の少数部族、ホピ族に伝わる格言です。

「怒り」は喜怒哀楽、人間のさまざまな感情の中で激しいものですよね。

 

怒りのコントロール、アンガーマネジメントに関しては様々な書籍やWebでも目にします。

 

社会生活を行っている以上、人間関係で悩むことは多いですね。

多かれ少なかれ他者と関わり合いは持つものですが、

「あの人といるとなんかイラつく」「何故かわからないがあのひと苦手だ」っておもうときありませんか?

…と問うとまあ残念ながら、失礼ながら何となく浮かんでくる顔ってみなさん、ありますよね。

 

「防衛機制」という心理学用語があります。

内的要因でココロに不安が生じた場合、

無意識に心理的安定を保つため、6種の認知の変化でカバーしようとします。

ざっと挙げると「投影」「抑圧」「合理化」「知性化」「反動・形成」「昇華」。

ここでは、このうち「投影」について少し書いていきましょう。

 

この人キライ!ってときにはこの記事でもすこし触れた「認知の歪み」が起こっています。

防衛反応が働いているんです。

 

試しにいまあなたが「嫌いなひと」「合わない・しっくりこない感じのひと」を一人思い出してみてください。

そしてそのひとの嫌いな・合わない理由や事柄を紙に具体的に書き出してみましょう。

その紙に書いた項目を読んでみて、何故か不安感に襲われませんか?

「あれ?自分でもこれ、やってたらどうしよう?」って。

(安心してください。みんな同じです。ポイントはその感情を「どう扱うか」です)

 

人に投影してみてはじめて自分の足りない、至らない、満たされない点に気づく。

でも普段は「自分の投影」って意識することはなかなか難しい。

人に対して怒りやキライな感情が出てきた場合には、

このことを思い出すとよいかもしれませんね。

 

自分のことってわかっているようでわかっていないんですよね。案外。

 

 

先日よりサンポート高松トライアスロンの回想ばかりしていますが、

最近実施しているメンタルトレーニング系の書籍を読んでいると

当時のことで改めて様々な気づきがあるんですよね。

ここのところスイムの話題が続いたので、今回はバイクの失敗談でいきましょうか。

 

アンガーマネジメントに失敗してレース中に事故をおこしたときのお話をしましょう。

 

2013年9月15日の高松市内は前日夜半過ぎから雨が降り始め、

大型台風「マンニィ」が日本列島に差し掛かろうとするところでした。

四国地方はやや台風の進路からそれており風はそれほど強くなかったものの、

高松市内に設けられた会場はレース開始の7時には雨あしが徐々に強くなっていました。

 

T1(トランジション1、スイム→バイクのチェンジ)でバイクをラックから降ろし、

スタート地点までバイクを押して走るわけですが、

トランジションエリアの芝生にはすでに大きな水たまりが点々としています。

小走りで濡れたアスファルトに出るとシューズのクリート(ペダルとバイクシューズを固定する、シューズ裏にあるプラスチックの突起)が滑り転びそうになりつつスタートラインまでよちよち歩き。

 

サンポート高松トライアスロンはいわゆる「都市型トライアスロン」で、

バイクは高松市中心部を4周回、約40㎞のコース。

特に駅周辺の大通りを走るのは爽快感があります。

 

が、この日はスリッピーでバイクコントロールにいつも以上に注意が必要な状態でした。

1周回目は路面状況とコーナリング箇所(右左折、Uターンなど)の把握のためにスピードを抑えて走行。

慣れてくる2周回目からは徐々にスピードを上げてタイムを縮め、バイクフィニッシュ1時間15分~20分の目標でした。

 

1周目、2周目は無難にクリアし、路面にも慣れてきた3周回目。

たまたまコース上で私と同じくらいの走力の選手と、抜きつ抜かれつのせめぎあいをしていました。

 

駅前の大通りを走る爽快感と、ウェットな路面でも「直線はスピードあげてOK」という慢心。

お互いに車間距離の取り方もすこしよくなかったかもしれません。

 

減速→コーナリング→加速を繰り返しながら、

抜くたびに「どうだ!」

抜かれるたびに「イラっと」。

 

コーナー直前の減速タイミングで抜いてくる相手に対し「なんでここで?」と怒りの感情。

やられたらやり返す。

相手もイラついているのが伝わります。

 

相手のコーナリング前のスピードダウンを利用して抜く、ということを繰り返すうちに

ドラフティング禁止ルールを意識していたこともあり、お互いに徐々にブレーキングが遅くなっていました。

(ドラフティング禁止=トレインを組む、前の選手を風よけにして走ることはトライアスロンでは禁止)

 

3周回目終盤、高松中央通りコーナリングに差し掛かります。

「次の左コーナーを利用してアウト(外側)から追い抜こう」

 

このとき、私の頭の中は「どうだ」「いままで邪魔しやがって」という怒りの感情に支配されていました。

今思うと信じられないのですが、ほぼ減速せずライバル選手を抜いてから大きく膨らんで左折エリアに。

曲がりはじめた瞬間、咄嗟にコーナリング中一番やってはいけない

「前輪のみの急ブレーキ」をかけてしてしまったのです。

前輪がロックし、視界が傾き目の前に地面が近づいてきます。

転ぶ瞬間はやっぱりスローモーションでした。

 

アウトからカーブに入ったため不幸中の幸い(?)単独落車で他の選手を巻き込む大事故には至りませんでしたが、

自分が怒りに支配されて冷静さを欠いたことを反省する出来事でした。

 

 

 

怒りの感情を持つと他者に対して攻撃的な言動が多くなります。

イライラ、オラオラしちゃいますね。

 

攻撃的な感情に支配されると心拍数も上昇し脳内は「戦闘モード」に入ります。

メンタルトレーニング視点でいえば、「外的要因に感情を支配されてよくないサイキングアップ→暴走→ZONEを通り越した状態」とでも言いましょうか。

これでは「失敗」エリアに振切る状態へまっしぐらです。

競技によっては冷静な戦い方はできずにたいせつな情報を見落とし、事故や失敗につながっていきます。

 

逆U字曲線

 

でもよく考えると戦闘しなければならないのは「自分を守る必要があるから」なんですよね。

相手が自分の思う通りに動いてくれない(=すぐ抜き返してくる)、

相手に自分を投影し、自己防衛のために戦闘し(=抜き返して優位に立つ)ことで相手をコントロールしようとしいたのです。

なかなか根が深い。

 

 

「怒りは自分に盛る毒」という言葉。

 

試しにいまあなたが「嫌いなひと」「合わない・しっくりこない感じのひと」をもういちど思い出してみてください。

そしてそのひとの嫌いな・合わない理由や事柄を紙に具体的に書き出してみましょう。

その紙に書いた項目を読んでみて、自分もこれをやっているからこの感情が生まれているんだな

と感じた後に、そのひとの良いことをすこしだけ想像してみましょうか。

そしてここがポイントなんですが、

「あのとき相手はそんなつもりなかったかも」

と思い始められたらOKです。

 

こじつけでも構いません。想像するだけですから。

感情がおさまり、すこしだけココロが暖かくなりませんか?

 

人に投影してはじめて自分の足りない、至らない、満たされない点に気づく。

でも普段は自分の投影となかなか意識は難しい。

人に対して怒りやキライな感情が出てきたときは、

このことを思い出すとよいかもしれませんね。

 

「かんしゃくを起こすと友人を失う 嘘をつくと自分自身を失う」

これもホピ族のことば。

 

自分のことってわかっているようでやっぱりわかってなかったですね。意外と。

まあ、それもよし。

 

さて、週明けは朝いちばんできらいな上司の顔を思い出して、

ちょっと面白いところとか想像してみましょうか。

意外とそのひと、いい人かもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホピ族のダンス動画を見つけました。

セドナで実施された支援団体主催のイベントの様子です。

アパッチ族への感謝と、冬至のダンス。

感謝をあらわすことは、そのひとのみならず自分にも感謝するということ。

 

 

※  ※  ※

 

怒りをコントロールするための「精神の安定・集中」

さまざまなシチュエーションでモチベーションを維持する「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」

咄嗟の判断、対応にも必要な「自信」「決断力」「予測力」「判断力」。

チームビルドに必要な「協調性」

これらを52の質問で可視化し個別アドバイスする「心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

 

第二期モニター募集は内容を一新して12/21(金)7:30正式エントリー開始予定です(募集記事が公開されます)。

 

現在、第二期モニター先行受付中です。
ご興味のある方は【リンク先Googleフォームよりかんたんエントリーしていただければ優先してサービス仕様などのご連絡をいたします。

 

以上、「防衛機制で他人にイラついちゃった・オラオラしちゃったときに思い出したいホピ族のことば。」でした。

 

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)

 

作戦能力が低いので梅干しで戦力強化したらうまくいった話

作戦能力が低いので梅干しで戦力強化したらうまくいった話

今年の夏にメンタルトレーニングの手法を学び、
11月よりトレーニングサポートを提供しています。

今日はビジネスリーダーの資質に大切な「自信」「作戦能力」のうち、
「作戦能力」について少し書いていきます。

関連キーワードを先にあげておきましょう。

「梅干し」「している」「唾液」 です。

 

作戦能力が弱いひとの特徴は?

ビジネスリーダーやスポーツにも必要なスキル「作戦能力」を、
メンタルトレーニング的に2つの因子に分けます。

ひとつは、予測力。もうひとつは判断力です。

【予測力が弱い人の特徴】

  • すでに立てた見通し、作戦を状況に応じて素早く切り替えることができない。
  • 勝つための作戦、戦略を多角的に立てることができない。

【判断力が弱い人の特徴】

  • 本番や大事なところで的確な判断ができなくなる。
  • 苦しい状況で冷静さに欠ける。
  • 本番でまわりの状況をうまく判断できない。

外的要因、内的要因はさまざま。

わたくしにも思い当たる節が多々あります(つらい)。

みなさんはいかがですか?

 

作戦能力を高めるには?

作戦能力を高める=本番環境で起こりうるさまざまな状況を想定し、
それに対応できる準備をしていくことですよね。
「状況を想定するための想像力を高める」と言い換えることもできそうです。

個人的な話になりますが、過去にトライアスロンにハマった時期がありました。

初トライアスロンで一番DNF(途中棄権)が多いスイム。
多いパターンは「プールスイムでは距離を泳げるのに、海だと方向感覚を失ってまっすぐ泳げない」「スタート直後の集団にまきこまれてパニックになる」でしょうか。

それらを想定してデビュー戦前に実施した練習方法を以下に書き出してみます。

ちなみに初トライアスロンはサンポート高松トライアスロンのオリンピックディスタンスでした。

スイムの距離は1500m。街中のレースで応援も迫力があり、デビューにはおすすめの大会です。

下記の内容を本番まで概ね4か月くらいの間で実施しました。
(他にバイク、ランでも様々実施しましたが割愛)

もちろんすべての項目を、練習開始時に想定はできませんでした。
練習を進めながら直感で必要だ、と思った項目が多いです。
また、トライアスロン経験者に相談して調整した項目もあります。

  • まず、プールスイムでどの程度泳げるか試した。
  • 最初は泳力がなかったので50m、100m、250m、500m、750m、と徐々に距離をのばしていくスケジュールをたてた。
  • スケジュール通りの泳力がつかなかったが、途中で細かい休憩をはさみながら目標の距離を都度泳ぎ切る練習を続けた。
  • 本番で1500mを泳ぎきれるように、プールスイムでは1600~1750m設定で練習を繰り返した。
  • 海で泳ぐにはコースロープが無い為に、方向を確認し進む方向を修正しながら泳ぐ必要がある。
    ヘッドアップスイムの動きを自分の部屋で動画を視聴しながら試行した。
  • プール内で泳がずに顔をつけてヘッドアップの練習を繰り返し行ない、息継ぎと合わせてタイミングを確認した。
  • ヘッドアップスイムで1600~1750m泳げるように繰り返し練習した。
  • ヘッドアップスイムは顔を上げるだけだと意味がないので、泳ぎながら前方の目標物、息継ぎ時左右の1点注視&後方を注視、次に広い視野で様々なものを確認する練習を繰り返し行なった。
  • スイムスタート当初の密集状態の練習をプールスイムで行うためにあえて初心者レーンに入り、混んでいてゆっくり泳いでいる人たちに交じって遅く泳ぐ練習を繰り返し行った。
  • 中級者レーンに入り周囲の方に許可を得たうえで少し遅く泳ぎ、追い越してもらう練習を繰り返し行った。
  • 初心者レーンに入り周囲の方に許可を得たうえで、前に泳いでいる人に追いついたら左右後方確認後、レーン内でコース変更し追い越す練習を繰り返し行った。
  • 視力が弱いので度付きのゴーグルを購入し、装着してプールスイムで練習した。
  • スタート直後密集時に周囲の選手にぶつかってゴーグルが取れてパニックにならないように、プールスイムで泳ぎながらゴーグルを外し、装着しなおす練習を行った。
  • 度付きゴーグルを紛失した場合を想定して通常のゴーグルで練習した。
  • パニックになった時のことを想定し、背浮き(背泳ぎ状態で泳がず浮く)練習をウェットスーツなしで行った。
  • ウェットスーツの着脱練習を自宅で繰り返し行った。
  • スイムのみのオープンウォータースイムレース(OWS)に出場し、本番環境でプールスイムで行った練習を再現できるかテストした。
  • OWSで選手に近寄り、離れる練習をした。
  • OWSで選手に近寄られた、触られたときに自分がどうなるか観察した。
  • スイムアップ後のふらつきを抑えるために、OWSのゴール前に強いバタ足の練習を行った。
  • アクアスロン(スイム、ラン)の大会に出場し、スイムフィニッシュ後のウェットスーツ着脱を本番環境に近い形で行った。

※スイムコーチの方、トライアスロン初心者はこんな感覚です。ぜひ参考にしてください!^^

 

…たくさん書き出しましたが、実はここに1点たりないことがあります。

それは、「早い段階で本番の会場を見に行くこと」「本番の会場で実際に泳いでみること」でした。
(当時は前日入りして会場全体を確認しました)

作戦能力を高める、本番で実力を発揮するにはまずその「目的地」「ゴール」を明確にすることが大切です。

「数か月後に実施される(約120日)トライアスロンのスイム1500mを泳ぎ切る」

という目標設定(ゴール、KGI)に対して、

  • 現時点の実力を確認
  • 本番環境に必要なことを書き出し
  • ゴールに経由する細かい目標設定(KPI)
  • 練習スケジュールに組み込む
  • スケジュールに沿って練習、タスク実施
  • 練習実施後にログ記録(定量、定性、クリアできた点、できなかった点、気づきなど)
  • 実力とゴールまでの当初計画に対する乖離を把握、練習内容適宜修正(OKR, PDCA)
  • スケジュールに沿って練習、タスク実施
  • 本番に臨む

とまとめることができると思います。

サンポート高松トライアスロン2013

 

これらのことって、スポーツのみならず普段のビジネスでも
行うことですよね。

さて、ここまで書いていて冒頭のキーワード「梅干し」「している」「唾液」がここまで全く出てきていないことに気づきました。

作戦能力を高めるための練習にからめて、少しお話していきます。

 

作戦能力を高める練習

梅干しを食べている場面を想像(イメージ)すると、唾液が自然にでてきますよね。

作戦能力を高めるには、この鮮明なイメージづくりがポイントです。

梅干しを食べたことがない人はその形、色を見ただけでは(しょっぱさ由来の)唾液は出ません。

 

イメージを鮮明に思い浮かべることができると、私たちの身体はその状況に応じて脳から指令が出て準備を始めます。

これを繰り返し行いさまざまな場面や状況をイメージして、
目的地に達する(目的を達成する、ゴールする)ために必要なことを把握し実施していくことが大切です。

想像できないところは実地に訪問する、インターネットで画像を見る、
グーグルマップやストリートビューで事前に確認することも良いでしょう。

本番環境の中で自分がそれを「実施している」「行っている」ことを繰り返し想像し、
そのために必要なことを洗い出していくことが作戦能力を高めるキーワードになります。

前述のスイムの例でいえば、

  • スイム会場を視覚的にイメージ
  • 周囲の風景や観客の姿
  • その中で泳いでいる自分
  • 泳いでいる自分を見ている自分
  • それを見ている自分の姿を想像(俯瞰)
  • 海水の色
  • 水温
  • しょっぱさ
  • 波はどの方向なのか
  • 風、日差し
  • 暖かいのか涼しいのか
  • スタート地点の地面はアスファルトなのか芝生なのか。
  • 裸足に伝わる芝生の感触と地面の暖かさ。
  • 周囲にはどのような選手がどのくらいいてどのような格好をしているのか
  • スタート地点から見えるスイム会場の折り返しのブイは何色なのか
  • スイムから上がってきたらどのルートを通ればよいか。

自信をもって本番に臨み、本番で起こりうる様々な状況変化にも「余裕をもって即座に対応」するためには、
このような目的地、ゴールや本番環境の具体的な状況を思い浮かべながら「作戦=目的までに実施する計画と本番の準備」を組み立てていくのが良いでしょう。

おのずと準備すべき項目、クリアすべき課題やタスクが見えてくるはずです。

細かいポイントとしては「現在地を把握=今の実力や状況を把握」のあとに「いったん過去に遡及&俯瞰」してから走り出すと良いのですが、
それらのコツはまた改めて。

今回は誰にでもすぐできる「イメージの基礎練習法」をシェアして締めます。

  1. あなたの好きな風景や場所をイメージ(風景、気温、風の有無、晴れなのか曇りなのか、周囲の人、音、匂い、食事の味etc)
  2. 「見ている」イメージ…自分がそこにいるのを、もう一人が見ている姿を想像
  3. 「している」イメージ…自分がそこで〇〇をしているように思い描く(友達と話をしている、食事をしている、歩いているetc)
  4. それらを行っている自分を離れたところで見ている自分、それを別のところから見ている自分の視点を想像してみる。

ビジネスリーダーやスポーツにも必要なプロフィール「作戦能力」「自信」。

本番にどれだけ強いかが見える「精神の安定・集中」。

モチベーションを構成する「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」。

これらを52の質問で可視化しアドバイスする「心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)結果に基づいたメンタルトレーニングサポート」第二期モニター募集は12月以降を予定しています。
(第一期はおかげさまで募集人員に達し先日締め切らせて頂きました)

現在第二期仮受付中です。ご興味のある方はリンク先フォームよりエントリーしていただければ優先してご連絡いたします。

サービス概要はこちらをご参照ください

 

以上、「作戦能力が低いので梅干しで戦力強化した話 – DIPCA.3」という記事でした。

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)