脚を切り離すペダリング

脚を切り離すペダリング

昨年よりトライアスロンを始められ、今年もアグレッシブにミドルディスタンス、
ロングディスタンスにエントリーされているY様。

今まで様々なレッスンサービスを受けてきた中で指摘のあった「踏むペダリング」に
違和感を感じる場面もあるご様子。
ご自身のバイクスキルが上がってきたからこその感覚かもしれません。

また、色々な視点からのアドバイスを受けているうちに正しい答えが何なのか
混乱してきてしまったとの事。

他にライド中膝周辺が痛む、坐骨付近が痛いとのご相談でした。

今回インドアバイクトレーニング1hに動画撮影/解説オプション、
3hロード実走レッスンを追加頂きました。

まずインドアバイクでウォーミングアップ、軽いギアで10分ほどペダルを回していただく中で
横からポジションと姿勢を拝見。

背後からペダリング時の身体バランス、左右差等を拝見した後にプレピラティスで
立位から腰椎屈曲の身体バランスを評価。

結果、下記のアプローチをさせて頂きました。

・上半身の伸びの感覚と脚を切り離すイメージ
・体幹コントロール
・サドル位置による重心移動イメージ

これに加えてサドルの角度も僅かに調整。

省エネ・高効率ペダリングの基礎作り、イメージ作りをさせて頂きました。

このインドアバイクのイメージを持って3時間のロードトレーニングへ。
ロード実走では基本的に私は後ろから走ってペダリング・姿勢全般を確認・動画撮影し
信号待ち等で随時フィードバック。

実走では様々な傾斜や向かい風・横から吹く風等状況は刻々と変わります。

それらがリアルタイムで変わっても固定ローラー台で体のバランス取りと
高効率ペダリング感覚を養った直後ですので、
外的要因による影響を受け身体バランスが多少崩れてもご自身で瞬時に修正されていました。

上り坂になると多少アンバランスになる場面もありましたが、
後ろから随時キューイングをして微調整させて頂きました。

正しいペダリング・姿勢で上りを少し頑張っていただき、
そのままフラットロードに突入すると高効率ペダリングの
「ぐんぐん加速していく感覚」を味わっていただけたようです。

ピラティスインストラクターのインドアバイクセッション+ロード実走付きのバイクプライベートレッスン、ぜひ一度ご検討下さい。

 

※   ※   ※

バイクプライベートレッスンサービスはお客様のバイクスキル、目標に応じて柔軟に対応し、
最適な練習プログラムをご提供致します。

また、今回の事例のようにロードバイクを始めたばかり、始めようとお考えの方にも
バイクのチョイスやポジションセッティング、ウェアやツールのチョイスやレース同行対応までさせて頂きます。

解剖学に基づいた姿勢評価、身体バランスアドバイスにも対応するピラティスインストラクターのバイクプライベートレッスンサービス、ぜひご検討下さい。

※ご相談は無料です。FBページ右上のメッセンジャーボタンから、
メールの場合は info@athletearchitect.net まで。

または下記フォームよりご連絡をお願い致します。

【ご相談フォーム】

13164289_609966365828898_5154947659880301841_n

伸びる意識とペダリング

伸びる意識とペダリング

昨年よりロードバイクを始められ、今年の横浜トライアスロンリレーのバイクに出場予定のK様にバイクプライベートレッスンをご提供。

ビンディングペダル時の路上走行の基本的な注意事項、バイクの取り回し方に加えて
「速くなる為の効率的なペダリングを教えて欲しい」とのご要望をいただき、
下記の内容をレッスンに織り込みました。

・バイクライド前の運行前点検ポイント
・固定ペダル時の乗車と降車、一時停止の姿勢
・ブレーキングの基本
・集団走行時の合図、基本ルール
・インドアバイクレッスン

実走してインドアバイク施設まで移動いただき、固定ローラー台でペダリングの基礎、
ポジションチェックを行っている中で身体の左右差からくるペダリングのブレが見受けられました。

ロングライド時に左ハムストリングスが攣りやすいとの事。
ペダリング中後ろから拝見すると左の脇腹が短くなっていました(左に傾く)。

一旦バイクから降りていただき、プレピラティスを行い左ASISと第10肋骨間隔に比較して
右側が短いのを確認。

左体幹が右に対して弱い→立位では弱い方が長くなっているが、
半クローズドキネティックチェーン環境下(ペダリング時)では左が弱い故、
無意識に力を込めようと左側ペダリングを頑張ってしまい左体幹縮む(左に傾く)
→左ハムストリングスを酷使している状況と評価。

この状況に対して追加でご提示時したレッスンポイントは下記の3点。

・脳天から伸びる意識を保つ
・体幹の左右差を意識したコントロール
・自重を利用したペダリングとポジション

インドアバイクレッスンご提供後、再び実走。

「ペダリングが楽になった」
「楽に漕ぐ事ができてスピードに乗る感覚もわかった」
との感想を頂戴致しました。

ピラティスインストラクターのバイクプライベートレッスン、ぜひ。

 

※   ※   ※

 

弊社バイクプライベートレッスンサービスはお客様のバイクスキル、目標に応じて柔軟に対応し、
最適な練習プログラムをご提供致します。

また、今回の事例のようにロードバイクを始めたばかり、始めようとお考えの方にも
バイクのチョイスやポジションセッティング、ウェアやツールのチョイスやレース同行対応までさせて頂きます。

解剖学に基づいた姿勢評価、身体バランスアドバイスにも対応するピラティスインストラクターのバイクプライベートレッスンサービス、ぜひご検討下さい。

※ご相談は無料です。FBページ右上のメッセンジャーボタンから、
メールの場合は info@athletearchitect.net まで。

または下記フォームよりご連絡をお願い致します。

【ご相談フォーム】

13087522_609118405913694_6244327234644930360_n