オートルートバントゥ

モン・ヴァントゥヒルクライム3つのルートとは?‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage3

Haute Route Ventoux_stage3_stage

オートルート・ヴァントゥ2018に出場してきました。

現地で投稿したInstagramオートルート公式Facebookの写真を中心にご紹介しています。

オートルート・バントゥ2018最終日のステージ3はモン・ヴァントゥをITT、インディビジュアルタイムトライアルで登ります。

【ITTとは】
インディビジュアルタイムトライアルは個人のタイムトライアル競技のこと。
こちらは2018年ツール・ド・フランス第20ステージ個人タイムトライアルの様子です。
やはり迫力ありますね。

 

参考までに、TTTはチームタイムトライアルのこと。
動画のように複数で走行します。

ここのコース後半にでてくるCol de Portet-d’Aspet, Col de Menté, Col du Portillon
昨年、一昨年とオートルートアルプスで登りました。

2018年第3ステージでBMCが優勝してましたね。みんなで走るのたのしそう。

今回のモン・ヴァントゥのタイムトライアルは第3のルート、
ベドアンルートを登ります。

ITTですがエアロヘルメットはかぶらずに走ります。

第1ルート(東ルート/ソー側/Sault route)の模様はこちら。
モン・バントゥで足を痙攣させながら登る日本人がいた(東側ソールート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage1

 

第2ルート(西ルート/マロセーヌ側/Malaucène route)
裏モン・ヴァントゥのぼってきました(西側マロセーヌルート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage2

 

そしてこのモン・ヴァントゥの南側にある町、
Bedoinからスタートする第3ルート(南ルート/ベドアン側/Bedoin route)です。

 

死の山、魔の山モン・ヴァントゥ3コースを走りつくすのは今回の拠点になったベドアンに宿を構えるのがベストです。
ベドアンへのアクセスやモン・ヴァントゥ全般のまとめ記事はこちら。
死の山モン・ヴァントゥとサイクリング拠点に便利なベドアンへのアクセス : オートルート・バントゥ2018

Haute Route Ventoux 2018
Stage3 Bédoin – Mont Ventoux
21km | 1600m D+

 

Haute Route Ventoux_stage3_map

 

Haute Route Ventoux_stage3_cols

 

 

個人タイムトライアルは前日までの総合順位に基づき出走順番が決まります。

私は今回とても遅かったので早いスタートグループにまざります。(毎回か..)

この日の天気は昨晩おそくに降りはじめた雨がつづき、
事前予報どおりの雨・タイムトライアル。

午後から天気は回復基調のようでしたが、モン・ヴァントゥ頂上だけは例外です。

念のためバックパックに替えのウェアや冬用グローブ、レインジャケットなどをしのばせ、
スタート地点のスタッフにわたします。

雨のヒルクライムは上りは暑くなり、下りはとても寒くなるのでウェアのチョイスにとても悩まされますよね。

今回はトライアスロンチームの冬用ジャケットとチャンピオンシステムの冬用ビブを着用。

準備はばっちり‥と思ったのもつかの間、バイクボトルを宿においてくるという失態。

なかなかハードな設定になりました。萌えますね。

スタート前のようす。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

スタート台の傾斜もスリッピーで要注意。

ご夫婦で出場していたおふたり。フォローしつつ二日間、様々な話をしながらのぼりました。

今回は20秒間隔で順次スタートしていきます。
通常のオートルートITTは15秒間隔。
コンディションを考えて少し余裕を持たせているようでした。

スタートしてすぐのところでカメラマンが激写してくれます。

のぼっている途中はこんな天気でしたが、やはり冬仕様のウェアは暑かった。
バイクボトルなし。のどが渇く。

みんなを応援してくれていた観光客のおふたり。

標高が上がるほど、どんどん霧が濃くなっていく。

マルセイユ空港シャトルでご一緒した女性。キュートでした。そしてとてつもなく速かった。

昨年はアビニョンに宿を構え、ベドアンルートでモン・ヴァントゥを登りました。

 

View this post on Instagram

 

#lovecycling #athletearchitect #day22

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿 –


オートルートでは登りながらさまざまな動物たちに出会うことがあります。

こちらは昨年登ったステルヴィオ峠

 

View this post on Instagram

 

#cowbell #lovecycling

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿 –

昨年のモン・ヴァントゥ。ひつじの群れ。

そして今年。とうとうかこまれました。
いっしょに走っていた選手「Just kidding! :)」

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

こんなアクシデントもヨーロッパを走るたのしさのひとつ。

フランスにも日本と同様に春夏秋冬、四季があります。
プロヴァンス地方では移牧での牧畜がまだのこっていて、真夏になる前にふもとで飼育されている羊や山羊、牛を新鮮な牧草のある標高の高いエリアへ移動させます。

羊飼いは職業としては約5000年前には存在していたとのこと。
調べたところモーゼやジャンヌ・ダルクも羊飼いだったとされています。

アルプスの少女ハイジでは山羊飼いのペーターが、夏の間はデルフリ村のヤギ達を山の牧場に連れていっていましたよね。

フランスでも秋が深まる10月はじめ。
高地から牧羊犬とともに群れを率い、ふもとの村に数カ月ぶりにもどる羊飼いの方に出会える貴重な経験となりました。

牧羊犬のピレネー犬も映っています(私のうしろであくびをしているようでしたが何故‥)

どうぶつ大好きサイクリストの皆さんは、モン・ヴァントゥをベドアンルートで登るのが大変おすすめです。

時期的には羊にも会える夏の時期、そしてラベンダー満開の6月中旬から8月にかけてがベストシーズンでしょう。
(ソーでは毎年8月14、15日にラベンダーの収穫祭があるのでサイクリングならその前までの旅程がベターです。)

頂上までのこり約6kmを残す地点で標高1417mにあるChalet Reynard駅(Ski Station)で、ステージ1でも登ったソーからの東側ルートと合流します。

ここのレストラン(Le Chalet Reynard)で休憩するサイクリストが多いです。
モン・ヴァントゥジャージなども売っています。

ここから6kmで約500mのぼる激坂区間に入ります。

天文観測塔が徐々に見えてきました。

タイムトライアル中ですが途中のリフレッシュメントポイントで自転車をラックにかけ、ゆっくりとコーラをのみながら皆さんに声援をおくります。
(通常、トライアスロンのように走行しながらドリンクを受け取るパターンですが気にしない)

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

最後の上りは皆さん全力で、そして素敵な笑顔に。

You did it!

頂上ではどんどん天候が悪くなり、風もつよくなってきていました。
選手たちは3日間のレースをたたえ合い、記念写真を撮り下山するのが名残惜しいようでした。

モン・ヴァントゥ特有の地中海へ吹き下ろすミストラルに気をつけながら下山し、
ビレッジへ戻ると完走メダルとMavicのフィニッシャーTシャツをもらえます。うれしい瞬間。

午後は三日間の締め、アフターパーティーがビレッジで開催されます。
選手はもちろんフリー。ファミリーは有料で参加できます(現地支払も可、インフォポイントにて)。

3日間の総合優勝の方にはMavicギフトと3Tのロードバイクが贈呈されていました。豪華。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

その他の受賞者にはギフトカードとモン・ヴァントゥのミニチュアマイルストーンの贈呈。
マビックギフトカードに私が(真ん中の右手をあげている男)。
昨年のオートルートアルプスでカメラマンを意識してポーズとったのを思い出しました。
ポーズはとっておくもんですね。このギフトカードもらえないかなぁ。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

今回のオートルート・バントゥでは昨年登ったベドアンルートに加え、
通称ラベンダー街道のソールート、中世の城塞の雰囲気を残すマロセーヌルートの3ルートを制覇しました。

モン・ヴァントゥを登り尽くすには、やはり麓の町ベドアンに拠点をおくのがお薦めです。

ラベンダーの咲く6月下旬から8月にかけてがサイクリング的にはモンヴァントゥサイクリングにはベストシーズン。

 

一方で海外サイクリングは飛行機輪行や現地の移動手配、メカニックの問題ふくめ、初心者にはハードルがたかいのも事実です。

オートルートでは空港からレース・イベント開催地までの往復送迎もあり現地交通に不安がある場合にとても安心感があります。
レースイベントとはいえ、今回のモン・ヴァントゥステージではショートコース(オルタナティブ)も新設されました。

初中級者の方は3日間イベント、かつオルタナティブコースでオートルートイベントの雰囲気を楽しみ、
前後に観光などを加える旅程を組むのもよいでしょう。

 

フランス、イタリア有名どころの峠周辺を味わいつくす3日間イベントとしては他に、
ステルヴィオ峠を登り尽くすオートルートステルヴィオ
憧れのラルプデュエズを走るオートルートラルプデュエズも人気のイベントです。
2019年もオートルートヴァントゥは開催されます。

同じ3日間のものでは来年、初の中東エリアオートルートオマーン(5月)、
オートルートメキシコ(10月)が新規で開催。

ドロミテ山脈の素晴らしい景色が味わえるオートルートドロミテ
美しい海岸線とフィヨルドの激しいアップダウンを堪能するオートルートノルウェー

北米系ならオートルートアシュビルユタサンフランシスコ

 

3日間で物足りない剛脚自慢な方はクラシックな7日間仕様のオートルートアルプスオートルートピレネー
グラベル系の北米オートルートロッキーで上位を狙うのも良いでしょう。

 

海外サイクリングのきっかけとしてオートルートシリーズは大変オススメのレース・イベントです。

各種情報はオートルート公式サイトから入手できます。

 

本記事が日本のサイクリストの皆さんに「海外旅+サイクリング」の楽しさ、
オートルート、モンバントゥサイクリングの楽しさが少しでも伝われば幸いです。

 

 

 

View this post on Instagram

 

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)

裏モン・ヴァントゥのぼってきました(西側マロセーヌルート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage2

HauteRoute Ventoux2018 stage2 fin de course

オートルート・ヴァントゥ2018に出場してきました。

現地で投稿したInstagramオートルート公式Facebookの写真を中心にご紹介していきます。

Haute Route Ventoux 2018
Stage2 Bédoin – Mont Ventoux
133km | 3300m D+

ステージ2もレースビレッジのあるモン・ヴァントゥ麓の町、ベドアンからスタート。

2つの峠(Col de l’Homme Mort, Col de Aires)を経てモン・ヴァントゥへ。
西ルート、マロセーヌ側から登ります。

マロセーヌはベドアンのあるヴォクリューズ県の西部にあります。
広さは約45平方km、千葉県の我孫子市よりやや大きい程度。
人口は3000人に満たない小さな町です。

主要な産業は農業で葡萄やプラム、桃、オリーブなどを生産。
町の中央にあるサン・ミッシェル協会は宗教改革時(ユグノー戦争以降)、
周囲の丘陵地帯に城壁を築き、今でもその面影を残します。
(走りながら、昨年滞在した城塞都市Avignon周辺の雰囲気に似ていると感じました)

今回のHaute Route Ventoux 2018、第2ステージはこのマロセーヌの中心部を通り、
モン・ヴァントゥクライムに突入します。

ステージ1のソー(Sault)ルートよりこちらのほうがデータ的にはキツいです。

走行距離は133km、累積標高は3300m+。

 

Haute Route Ventoux_profile

コース概要とモン・ヴァントゥ周辺情報やアクセスなどの情報はこちらからどうぞ
「死の山モン・ヴァントゥとサイクリング拠点に便利なベドアンへのアクセス : オートルート・バントゥ2018」

Haute Route Ventoux_stage2_map

 

Haute Route Ventoux_stage2_cols

7:45のスタートに向けて準備をすすめます。
天気は下り坂でモン・ヴァントゥにたどりつく頃は風や霧の心配もあり、
念のためリフレクタージャケットをポケットに忍ばせます。

宿の前でふたたび撮影。
空が明るくなってきました。

2日目になると選手どうし、だいぶ打ち解けてきます。

スタート前もリラックスムード。

スタート直前。

 

二日目はトンネルエリアも多くテールライトをつけて通過します。

オートルートはレース開催地ごとに募る地域ボランティアの方にも支えられています。
merci!と感謝を伝えながら通過します。笑顔で応援してくれます。
気持ち良いですね。

写真は通常コースとオルタナティブ(ショートコース)の分岐点。

オートルートではマーシャルや選手10〜20人につき1台つくサポートビークル、交通誘導員の指示で走行しますが、
基本的にはコース上に設置された黄色い矢印の標識に従って走行します。

初出場の2015年オートルートドロミテでは美しい景色に目を奪われてこの矢印を見落としてしまい、
大幅にコースアウトしてとても焦りました。

方向指示の矢印の他に幅員減少、急カーブ、グラベル注意、線路あり注意など黄色い標識で選手たちに注意を促します。
これらはオートルートスタッフチームが前日までに作業しています。
設置メンバーには日本人(フランス在住)の方がいらっしゃいます。
今年はお目にかかれませんでした。元気かな。

今回のルートはグラベル気味の上りがあり少々苦戦しました。
石畳、グラベルののぼりは経験者ならわかると思いますが、キツいですよね。
こちらはその様子を撮影してみました
(あまり伝わらないですね‥この手前はもうすこし路面がでこぼこしていました)

約80km地点のCol des Airesのリフレッシュメントポイント。
前日の脚痙攣の反省からあまり踏まずに無難にきましたが、
念のためハムとチーズに塩をふりかけて補給。

ここからはこまかいアップダウンを経てマロセーヌ方面へ。

 

丘陵地帯をぬけるとモン・ヴァントゥが見えてきました。遠い(そして高い)

マロセーヌを抜けてモン・ヴァントゥに入ります。

Pente à 8%・・・勾配8%
Sommet à 17km・・・頂上までのこり17km。

自転車走行用のレーンがあるので車と安全な距離を保ちながら登れます。安心。
追い抜きざまに応援してくれる方も多数いてがんばれます。


Pente à 12%、Sommet à 11km。

みんなはげましあいながら登ってます。

激坂。

ゴーグルが曇る。

 

やはりマロセーヌルート(西側)のほうが初日のソールート(東側)よりキツかったです。

コアを意識し上半身を動員させながら上肢を利用して重さをおとし、
腰を高い位置に維持しなるべく0時に近い位置でペダルをつかみ、
負荷のあまりかからない(自称:サボりペダリング)状態をつくりつつ登ります。
(さぼりペダリングをやってみたい方はぜひイベントに遊びに来てくださいね!)
→ただし。スピードはでません。(泣)

 

 

観光客も応援してくれます。

頂上でゆっくり写真撮影などしていると風が吹きはじめ、霧も出てきました。
モン・ヴァントゥからフランス南部、地中海をぬけて吹き抜ける「ミストラル」の前兆です。
あまりゆっくりしていると危険な雰囲気だったので早々に下って戻ることに。

(脇‥)

ビレッジに戻り2日間の疲れを回復させるため、シャワーを浴びてマッサージを受けます。
こちらのマッサーの女性は昨年のAlps→Dolomites移動のツアーでも大変お世話になりました。
マッサージの技術が素晴らしい。今年もお会い出来てよかったです。


2日目はややキツいコース設定で、数名の方がDNFでした。残念。

またチャレンジしてほしいですね。

オートルート公式チャンネルの動画はこちらから。

モン・バントゥで足を痙攣させながら登る日本人がいた(東側ソールート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage1

オートルート・ヴァントゥ2018に出場してきました。

現地で投稿したInstagramオートルート公式Facebookの写真を中心にご紹介していきます。

初日はハイテンションで飛ばしすぎて後半脚がつりました(苦笑)

Haute Route Ventoux 2018
Stage 1 Bédoin – Mont Ventoux
113km | 2700m D+

ステージ1はモン・ヴァントゥ麓の町ベドアンからスタート。

2つの峠を経てモン・ヴァントゥの東ルート、
ラベンダーの生産で世界的にも有名なソー経由でチャレンジします。

走行距離は113km、累積標高は2700m+。

コース概要とモン・ヴァントゥ周辺情報やアクセスなどの情報はこちらからどうぞ
「死の山モン・ヴァントゥとサイクリング拠点に便利なベドアンへのアクセス : オートルート・バントゥ2018」

 

Haute Route Ventoux_stage1_map

Haute Route Ventoux_stage1_cols

 

今回のミッションは3つ。

ひとつは初参加の方のサポートをしながら上ること。

ふたつめはオートルートのことを日本の皆さんにもっと知ってもらうために写真と動画をたくさん撮影してくること。

ラストは自分自身が安全に、楽しんで3日間のぼることです(ここ重要)。

ステージ1は朝8:30スタート。

行きの飛行機で寝不足気味だったのも熟睡してすっかり回復。

トップチューブ貼付用のコースプロファイルにはゴール地点にモン・ヴァントゥ。

 

View this post on Instagram

 

今日はステージ1。 3つの峠を攻めます。 🏔🏔🏔🚴‍♂️ ・ ・ #HauteRoute #Ventoux #cyclingtrips #Cycling

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿 –

 

今回は大会アンバサダーとして出場させていただいていたのと、某Web媒体向けの取材も兼ねていました。

走りながら初出場の選手たちのサポートをしつつ、写真と動画をためこむ予定で機材などあわただしく準備。

宿の前の激坂で記念撮影。

スタート地点に到着するとサイクリングツアー会社Alpine Cols社長と1年ぶりの再会。

この方もオートルートの常連です。今年も元気そうで何より。

他にも1〜2年振りに再会する方もいて近況報告など話がはずみます。

また来年もお互いに元気で会いたいな、と思う瞬間。

レースバッグはスタート地点付近で預かってもらえます。
モン・ヴァントゥゴール後、頂上で受けとり可能。

ゴール後は20km越えの下り、天気も変わりやすいのでウィンタージャケットや冬用手袋など必須です。
これにビレッジで過ごす際の着替えなど入れておくと良いでしょう。
(シャワーも浴びることができます)

スタート20分前、ベドアンのスタート地点からモン・ヴァントゥを見上げます。遠い。

スタート直前。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

モン・ヴァントゥ周辺はいたるところに大小さまざまな葡萄畑があります。
ヴァントゥーワインの生産は赤が多いようですが、白も少量生産されています。

こちらはレース後に立ち寄って撮影。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

カルフールで買ったヴァントゥーワイン白。

最終日に飲みました。おいしかった!

 

View this post on Instagram

 

#montventoux #ventoux #ventouxwine #🍷 #whitewine

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿 –

はるか彼方にモン・ヴァントゥのゴールが見えます。

ラベンダーの最盛期は6月中旬から8月にかけて。
次に来るときは一面ラベンダーで埋めつくされた道を走りたいなと思います。

Mavicサポートも応援しながら走行してくれます。

最初の峠はCol des Trois Termesへ。
標高は574m、5km走って250mほど登ります。
平均勾配は5%、最大勾配6%。ウォーミングアップです。
頂上付近のリフレッシュメントポイントで休憩。
スタートしてから約33km地点。

ここでハムやチーズ、クラッカー、フルーツ類などをほおばる。
激坂+ロングライドな113km。

写真撮影も交えつつ走ります。

 

View this post on Instagram

 

Col des Trois Termes

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿 –

Col des Trois Termesを下り、30kmほど細かいアップダウンを経て2つ目の峠、Col de Lagardeへ。

標高は1107m、距離11.6km、獲得標高は772m。
平均勾配6.7%、最大勾配9.2%。
再び頂上付近のリフレッシュメントポイントで休憩。
ここでスタートしてから約77km地点。

この上りに入る手前あたりまでは細かいアップはほぼダンシングで快調にクリアしスピードにも乗っていたのだが、
右内ももに違和感を感じはじめほどなく痙攣が始まり厳しい展開に。

これまで数々のオートルートに出場しましたが、
足がつるのは決まってハイテンションな初日の中盤から。
序盤、無意識にまわりのペースに合わせてしまうのと、
景色がとても良いのでどうしてもスピードを上げてしまいがち。
今年のトレーニング内容からすると明らかにオーバーペースでした。

対処的にはに慣れているのでギアを軽くして呼吸法を調整しながらペダルを回し続けました。
脚がつっても動き続けるともとに戻るのは経験されている方もいるかもしれません。

エネルギー摂取不足と水分ミネラル不足のようだったので、
上りの途中に設置されたエイドで少しながめに休憩。
スタッフや居合わせた選手と会話を楽しみます。

走行しているとオートルートが設置したさまざまな標識がでてきます。
これは「頂上まであと1km」。
ほかに10km、5km、3kmバーションがあります。

この目印があるとがんばれます。
明確な目標設定(ゴール設定)とそれまでにわかりやすいマイルストーンがあるのは
やはり大事。

Col de Lagardeを10kmほどのダウンヒル。
平坦路に入ってペダリングを始めるとまた痙攣がはじまり、ふたたびペースダウン。
やはり下りでもすこし足を回し続ける(動かし続ける)ほうがよいのがわかります。

初日はもっと写真を撮りたかったのですが、
余裕があるタイミングで。
この辺はラベンダー最盛期の6月から8月にサイクリングしたら間違いなく最高の雰囲気のはず。

途中撮影でたちよった場所は結構人気のところのようでした。
シーズンにまた来たいですね。

La Ferme aux Lavandes, à Sault en Provence

ここをこえるといよいよモンヴァントゥ・クライムです。
東側ルート、Sault側から入ります。

25kmの長い上りで平均勾配は5%。
最大勾配は12.9%、獲得標高は1216m。

18〜19kmくらいまでは比較的穏やかな上り。
頂上までのこり6km付近から勾配がキツくなります。

このへんはまだ緩やか。
頂上まであと10km。

残り5km地点。
まわりは石灰岩の地肌が露出し、これぞモン・ヴァントゥといった雰囲気。
勾配は徐々にキツくなってきています。

頂上まで1kmのところにあるシンプソン選手の石碑。

ここの標高は1900m付近でのこりわずか。
頂上の天文観測塔もだいぶ近くに見えます。

マイルストーンとゴールまであと1kmの標識。
天気もよく、フランス南部、地中海方面を遠くまで見渡せます。
スタート地点のベドアン、つい先程まで走っていたソーも遠くに見えます。

まもなくゴール。マビックカーのメカニック、
セーフティーのモーターサイクルの担当者たち、
観光客の声援を受けます。

最後のつづら折りのあとの激坂はあいかわらず上りがいがあります。
風が強いときはこの場所、大変危険な箇所です。
今回は大丈夫でした。

ゴール後はバックパックをうけとり、写真と動画撮影もしながら下山。
ちょうど最後尾の選手をサポートカーとLanterne Rougeの選手がサポートしながら登っているところでした。

頂上から下山、ビレッジまでのルートは色違いの矢印標識があり迷わずに戻れます。
(レースコースは黄色、戻るルートはピンク色)

ビレッジに戻ってからの基本的な流れとしては、インフォポイントに立ち寄って翌日のステージに変更点がないかの確認、マッサージの予約を行い、食堂でライダーズミールで一息つきます。
マッサージはシャワーを浴びてからがマナーです。

それぞれの宿に戻り自由時間ののち、夜から当日のステージ優勝者への表彰と、
翌日のブリーフィングです。

 

面白いところではSock Pornというのがあり、
その日のベストソックス賞のノミネートと授賞式もあります。

速い選手だけではなく色んな選手に楽しんでもらおうという気持ちが伝わります。

初日の優勝者はスーパーマンのソックスの方でした。
マント付き。どこで買ったんだろうこれ。

終了後はアペリティフパーティーがあります。
昨年あたりからVelosophe Cyclist Beerのビールが準備されるようになりました。
サイクリストのためのビールとのことです。飲みすぎ注意‥

初日は天気もよくみなさん楽しく走っていました。

オートルート公式チャンネルの動画はこちら。