YOGA: 2019.07.07 MAIKO (YOGA) × SHINYA (RUN) 湘南ビーチヨガ×ゆるラン&ファンクショナルトレーニング

YOGA: 2019.07.07 MAIKO (YOGA) × SHINYA (RUN) 湘南ビーチヨガ×ゆるラン&ファンクショナルトレーニング

【YOGA: 2019.07.07 MAIKO (YOGA) × SHINYA (RUN) 湘南ビーチヨガ×ゆるラン&ファンクショナルトレーニング】

 

陰ヨガ、呼吸ヨガ、ThaiVedic body Therapistsugarmatアンバサダーの青嶋舞子と、 Haute Route アンバサダー、サイクリングガイド・メンタルトレーニングコーチの対馬伸也コラボイベント開催決定!

七夕の朝陽を浴びながらビーチヨーガでカラダを目覚めさせて、R134海岸線をゆっくりランニング。

ヨガ×カーディオ×ファンクショナルトレーニングでカラダ全体に新鮮な空気と刺激を入れていきましょう!

イベント終了後は海岸沿いのカフェでランチをテイクアウトして湘南の海、江ノ島、富士山をながめながら交流会を予定しています。

※荒天時は7/21に順延となります。

 

【ナビゲーター / トレーナープロフィール】

Aoshima Maiko

青嶋 舞子 (Maiko Aoshima)Instagram

ヨガインストラクター

陰ヨガ指導者養成コース修了
呼吸ヨガ®指導者養成コース修了
ThaiVedic body Therapist
sugarmat アンバサダー

 

人に寄り添い、人の役に立ちたいと高齢者福祉施設に勤務。
「ヨガ」を体験したことをきっかけに自分と向き合い、内観することの大切さを実感。ヨガインストラクターの道を歩み始める。

現在、ヨガインストラクター、パーソナルトレーナーとして、 お客様の健康的で前向きな生活をサポートしている。

 

 

shinya,tsushima

対馬 伸也(Shinya Tsushima)Instagram

サイクリングガイド / ピラティスインストラクター / メンタルトレーニングコーチ

PHI Pilates インストラクター(Mat)修了
スポーツメンタリスタ Level1認定
Haute Route アンバサダー

 

会社員時代に腰痛で倒れてからピラティス、ランニングを開始。フル・ウルトラマラソンやトライアスロンで国内外の大会に出場。アイアンマン・ロングディスタンスは4回経験(Japan, Malaysia,  Melbourne, Lanzarote)。

2015年より【The highest and toughest cyclosportive in the world】【アマチュアサイクリストの祭典】オートルート(Haute Route) に4年連続出場。
2017年に日本人初のTriple crown rider(ピレネー、アルプス、ドロミテ)達成。2018年、2019年公式アンバサダー。

江ノ島・鵠沼海岸エリア発着サイクリングイベント、自由が丘ピラティスレッスンサービス、オンラインのメンタルトレーニングなどを提供中。

 

【メディア紹介実績】
PilatesPlus Vol2

産経サイクリスト
https://cyclist.sanspo.com/376487
https://cyclist.sanspo.com/432061(寄稿)

タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0601/i/2018/01/19/416037.html

Nice-Martin  NIce Littoral et Vallées (地元紙)
https://www.pressreader.com/france/nice-matin-cannes/20170820/282067687050499

 

【イベントイメージ】

 

2018.08.17 朝ラン&朝ピラ/鎌倉ゆるラン友の会

 

 

 

ランニングコース(約10km,平坦路)

 

【日時】

2019年7月7日(日)9:00~12:30予定

 

【募集人員】

15名

 


【参加費】

4,000

※事前申込み(Googleフォーム)後、イベント当日、受付にてお支払い下さい。
※飲食費用、懇親会費用は含まれておりません。

 

【会場】

鵠沼海岸サーフビレッジ横芝生公園

〒251-0037 藤沢市鵠沼海岸1-17

TEL:050-5278-9475 (イベント直通)

 

【スケジュール】

08:30 受付開始(鵠沼海岸サーフビレッジ横芝生公園)

09:00~10:00 ヨガ (ランに役立つウオームアップヨガ)

10:00~10:15 小休憩​ ※マットの撤収にご協力をいただけますと嬉しいです。

10:15~12:00 ランニング 約10km ※参加者の皆さんのペースに合わせます。ペース: 7〜8km/hの予定です。

12:30~13:30 ランチ懇親会(希望者のみ)

 

※タイムテーブル·プログラム内容は現地状況により⼀部変更、前後する場合がございます。
※ヨガのみご参加も可能です。
※荒天時は7/21に順延となります。

 

【持ち物】

ヨガマットまたはそれに準ずるもの
動きやすい服装・ヨガ・ランニングウエア、シューズ、
飲み物・タオル。

必要な方は、レジャーシート・サングラス・日焼け止め 等
その他必要なアメニティ

※上記以外に必要なものは、恐れ入りますが各自ご用意頂くようお願い致します。
※ 更衣室やシャワー、ロッカーはございませんのでご了承ください。
※ランニング時に貴重品以外のものはお預かりすることは可能です。
※ 貴重品等の管理、及び開催中の盗難、事件、事故、ケガ、当日のご本人のご体調等につきましては、ご参加者様の管理のもとご参加くださいます様お願いいたします。
※ 天候不順の場合は中止となります。(前日の20時迄に、お申込み時のメール、FBイベントページの投稿よりお知らせします)
※走れる程度の小雨の場合にはランニング・ランチ懇親会のみ実施予定です。主催者側で判断させて頂き、ご連絡とさせていただきます。

 

【その他】

sugarmat社様よりヨガマット等の優待コードがございます。ご参加の皆さんは割引価格でお買い求めいただけます。

海外サイクリングに興味のある方は、アンバサダー発行のHaute Route優待エントリー権がございます。

 

【お問い合わせ】(担当 : 対馬・青嶋)

info@athletearchitect.net

Facebook Messenger

 

【申込フォーム】

心理的競技能力診断検査

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

 

昨年10月よりご提供を開始したメンタルトレーニングサポート。

先日「Dipca.3おためしプラン」サポートを終えた方から有難いメールを頂戴しました。

ご本人に許可をいただきましたので、事例としてご紹介させていただきます。

 

 

◯本検査とメンタルトレーニングサポートを通してなりたい姿や目標・改善したい事を教えてください。

テニスの試合で、常に安定して実力を発揮できるようになりたいと思っている。

現在はメンタルの浮き沈みが激しく、実力と結果が結びついていないと考えている。

例えば、仕事の場合には集中力がある方。それは逆に集中しない時間を作るのがうまいからだと思うが、相手のある競技の場合にはなかなかそれがうまくできない。

 

◯現在の悩みは?

テニスの試合で思うように勝てない。

実力では勝っているだろうと思われる相手に、スコスコ負ける。

特に初対戦の相手に弱い。

 

52の設問で5カテゴリ・12の心理的な強み・弱みが把握できる心理的競技能力診断検査(Dipca.3)の結果は、忍耐力、闘争心、勝利意欲が、他の9つの因子に相対的に弱い傾向。

 

事前にヒアリングさせていただいた内容と照らし合わせ、

サポート(レポート)ではこの3つにフォーカスしていきました。

競技的な5つの欲求階層、達成目標理論、課題目標と自我目標の解説から、

事前ヒアリング内容に当てはめながらトレーニングのアドバイスまで。

 

サポート終了後のメールを一部個人情報を削除してご紹介します。

 

今回診断を受けてみて、今までなんとなくしか理解していなかった「自分」が、少し見えてきた気がします。

事前アンケートやDIPCA.3検査への回答を行っている段階でも気づきがありましたし、
頂いたレポートを読むと、また更に違った気づきがありました。

今回、モニターを申し込んだきっかけは、昨年の年末に出たテニスの試合でした。
昨年は夏~秋にかけて非常に上達した手応えがあり、結果を出せるだろうと思って望んだのですが、4戦4敗で全くいいところなしに終わったのです。

試合が終わってから、「一体何のためにテニスをしているのだろうか」と真剣に悩みました。
ただ上手くなればいいのか、それとも試合で勝ちたいのか・・・
結論は「試合で勝ちたい」でしたので、そのためのアプローチを自分なりに新しく考えました。

そこから取り組んでいたことが、まさにレポートに書いてありました。
・課題を書き出して
・それに対する練習を考えて
・試合で試してみて
・また課題を洗い出す
といったサイクルを回すことです。

年末から1~2月にかけて1周だけ回したのですが、それだけで驚くほど技術が向上しました。
ですが、自分としては「技術」が向上しただけで、「強く」なったとは感じられなかったため、次なる方法として、メンタルトレーニングの方法を探していて、本サービスを見つけたわけです。

ルーティーンについての記載がありました。
この部分、目からウロコでした・・・
私、ルーティーンの間に考えをまとめるんだと思ってたんです。
考えちゃダメなんですね!!
ちなみに、仕事やテニス仲間数人に聞いてみましたが、全員私と同じ認識でした(笑)
早速テニスには取り入れて試しているところです。

レポートを読みながら色々考えていると、思ったよりも自分の中に回答がありそうな気がします。
そこに気づいただけでも、非常に収穫がありました。
テニスのみならず、仕事や家庭生活においても効果がありそうです。
それもこれも、対馬さんの丁寧なご対応のおかげだと思っています。
たまたま検索して見つけたわけですが、一生忘れられない出会いになりました。
この度はどうもありがとうございました。

 

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

 

先日、そのごの経過ご報告のメールをいただきましたが、テニス競技、お仕事も楽しんでいらっしゃるご様子。

さっそくテニスの大会で入賞され、結果がでたとのこと。お役に立てて私もとても嬉しいです。

 

「挑戦を楽しみ、目標に近づいていく」のに大切なのは、いまの状態を俯瞰して(今回のような検査など)、強みと弱みをしっかり把握すること。

目標(目的地)を明確にすることです。(すこし失敗の要素も入れるなどのコツもいくつかありますね)

 

 

この記事を書いた人→Shinya

 

※  ※  ※

 

メンタルトレーニングサービスは現在、郵送・オンラインでサポートしています。

サービスはライトなお試しプランから約2ヶ月間のしっかりプランまで4つ。

 

気になる方はお申込み前の無料ご相談も承ります。

リンク先ページ下部のGoogleフォーム「相談して決めたい」を選択して送信して下さい。