心理的競技能力診断検査

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

 

昨年10月よりご提供を開始したメンタルトレーニングサポート。

先日「Dipca.3おためしプラン」サポートを終えた方から有難いメールを頂戴しました。

ご本人に許可をいただきましたので、事例としてご紹介させていただきます。

 

 

◯本検査とメンタルトレーニングサポートを通してなりたい姿や目標・改善したい事を教えてください。

テニスの試合で、常に安定して実力を発揮できるようになりたいと思っている。

現在はメンタルの浮き沈みが激しく、実力と結果が結びついていないと考えている。

例えば、仕事の場合には集中力がある方。それは逆に集中しない時間を作るのがうまいからだと思うが、相手のある競技の場合にはなかなかそれがうまくできない。

 

◯現在の悩みは?

テニスの試合で思うように勝てない。

実力では勝っているだろうと思われる相手に、スコスコ負ける。

特に初対戦の相手に弱い。

 

52の設問で5カテゴリ・12の心理的な強み・弱みが把握できる心理的競技能力診断検査(Dipca.3)の結果は、忍耐力、闘争心、勝利意欲が、他の9つの因子に相対的に弱い傾向。

 

事前にヒアリングさせていただいた内容と照らし合わせ、

サポート(レポート)ではこの3つにフォーカスしていきました。

競技的な5つの欲求階層、達成目標理論、課題目標と自我目標の解説から、

事前ヒアリング内容に当てはめながらトレーニングのアドバイスまで。

 

サポート終了後のメールを一部個人情報を削除してご紹介します。

 

今回診断を受けてみて、今までなんとなくしか理解していなかった「自分」が、少し見えてきた気がします。

事前アンケートやDIPCA.3検査への回答を行っている段階でも気づきがありましたし、
頂いたレポートを読むと、また更に違った気づきがありました。

今回、モニターを申し込んだきっかけは、昨年の年末に出たテニスの試合でした。
昨年は夏~秋にかけて非常に上達した手応えがあり、結果を出せるだろうと思って望んだのですが、4戦4敗で全くいいところなしに終わったのです。

試合が終わってから、「一体何のためにテニスをしているのだろうか」と真剣に悩みました。
ただ上手くなればいいのか、それとも試合で勝ちたいのか・・・
結論は「試合で勝ちたい」でしたので、そのためのアプローチを自分なりに新しく考えました。

そこから取り組んでいたことが、まさにレポートに書いてありました。
・課題を書き出して
・それに対する練習を考えて
・試合で試してみて
・また課題を洗い出す
といったサイクルを回すことです。

年末から1~2月にかけて1周だけ回したのですが、それだけで驚くほど技術が向上しました。
ですが、自分としては「技術」が向上しただけで、「強く」なったとは感じられなかったため、次なる方法として、メンタルトレーニングの方法を探していて、本サービスを見つけたわけです。

ルーティーンについての記載がありました。
この部分、目からウロコでした・・・
私、ルーティーンの間に考えをまとめるんだと思ってたんです。
考えちゃダメなんですね!!
ちなみに、仕事やテニス仲間数人に聞いてみましたが、全員私と同じ認識でした(笑)
早速テニスには取り入れて試しているところです。

レポートを読みながら色々考えていると、思ったよりも自分の中に回答がありそうな気がします。
そこに気づいただけでも、非常に収穫がありました。
テニスのみならず、仕事や家庭生活においても効果がありそうです。
それもこれも、対馬さんの丁寧なご対応のおかげだと思っています。
たまたま検索して見つけたわけですが、一生忘れられない出会いになりました。
この度はどうもありがとうございました。

 

サポート事例 : 心理的競技能力診断検査Dipca.3結果に基づいたメンタルトレーニングサポート

 

先日、そのごの経過ご報告のメールをいただきましたが、テニス競技、お仕事も楽しんでいらっしゃるご様子。

さっそくテニスの大会で入賞され、結果がでたとのこと。お役に立てて私もとても嬉しいです。

 

「挑戦を楽しみ、目標に近づいていく」のに大切なのは、いまの状態を俯瞰して(今回のような検査など)、強みと弱みをしっかり把握すること。

目標(目的地)を明確にすることです。(すこし失敗の要素も入れるなどのコツもいくつかありますね)

 

 

この記事を書いた人→Shinya

 

※  ※  ※

 

メンタルトレーニングサービスは現在、郵送・オンラインでサポートしています。

サービスはライトなお試しプランから約2ヶ月間のしっかりプランまで4つ。

 

気になる方はお申込み前の無料ご相談も承ります。

リンク先ページ下部のGoogleフォーム「相談して決めたい」を選択して送信して下さい。
認知的不協和を活用したセルフトークとルーティーンの方法

認知的不協和を活用したセルフトークとルーティーンの方法

みなさん、ポジティブですか?

そうではない感じですか?

ワタクシはね、けっこうネガティブに考えてしまうことあるんです。

みなさん、いかがですか?

 

ポジティブな言葉をつかっているとよい、なんてことよく耳にしますよね。

ネガティブな言葉をつかっていると、その方向にいってしまうってのもよく聞きます。

 

これ、本当なんでしょうか。

 

コトバには言霊(ことだま)が宿る、という話。

個人的には「どうなんだろう👀」と思ってすこし半信半疑だったんですが、

メンタルトレーニングを学ぶにつれ、「あ、あるわ。コトダマ。わかる。」と思うようになってきました。

 

 

メントレ系(のつもり)のあーでもないこーでもない話題を、毎週月曜のあさ更新しているこのブログ。

やっぱり、ネタに困って「かけないなぁ」って思うことが多いんです。

んで、「かけないなぁ」と思っているうちは、パソコン開いてもFacebookやらTwitterやらYouTubeをみてしまってですね。

ダラダラしちゃうんですよね。

 

そんなときは、「グダグダでもいいから書いちゃえ、とりあえず」とか、「そんなにPVないんだから大丈夫だよ考えすぎ、とりあえず下書きしとけよ」「いーからいーから」みたいなことを小声で言うんです。自宅作業の場合は。誰も見てないし。

カフェで作業中の場合はセルフトークで同じことをココロの中で言います。

 

そうすると、すこし肩の荷がおりてサクッと4行くらいかけるんですよね。

あとは「じゃああのとき感じたあの話題をこう繋げて・・」などという、書くための発想に頭の中が切り替わっていきます。

とりあえず、おかしな言いまわし満載なデコボコ記事ができあがります。

いったんコーヒーでも飲んで休憩してからプレビュー表示で第三者目線でみつつ、おかしなところはちょっとずつ修正してひとまずできあがり。

 

書きはじめのセルフトークは、いわゆるスポーツ選手が本番前に実施するルーティーンのような感じでしょうか。

先週末はメンタルトレーニングモニター(第3期)お申込みの最終お二人の心理的競技能力診断検査Dipca.3の結果、カウンセリングシートに基づいたレポートを作成していたのですが、

【競技意欲】カテゴリ内の3因子「忍耐力」、「闘争心」、「勝利意欲」が他の9因子に対して弱めの結果がでたお客様に対して、こんなコメントをさせて頂きました。

個人情報は伏せた形で一部抜粋してご紹介します。

テニス競技についてのお悩みです。

いったん集中力が切れると元に戻せず頭が真っ白になり、自分より順位が下の選手にも負けてしまう、というものです。

 

※ ※ ※

【レポート内容を一部抜粋&改変】

集中力を維持する→短い時間で集中力ON,OFFを切り替える練習をしてもよいでしょう。

対戦相手がある競技ですから、「集中力を大きいかたまり、ずっと維持しなくてはいけないもの」としてとらえると、相手の動作や試合はこびによって大きくON、OFFをしなくてはいけない→一度集中が途切れると復帰できない

という状態になりがちですね。

 

「おおがかりな作業ではない、細かい集中と細かいOFFをたくさんしてく」方向に発想を切り替えてみましょう。

集中ONに関しては競技中に実施しやすいルーティーンを作ってみるのをオススメします。

 

最近ではラグビーの五郎丸選手がキック前に行うルーティーンが有名でしたよね。

団体競技、かつ相手のある競技で大観衆を前にキックをするということは、私達の想像をはるかに超える、ハイプレッシャーな場面のはずです。

ルーティーン中に五郎丸選手は、「ボールを蹴ること」はまったく考えず「ルーティーン動作を正確に実施する」ことのみに集中するそうです。

 

◯◯さんが行っているテニスですと有名なところでは、シャラポワ選手のサーブ前の「ボールを2回つく」→「サーブまで約7秒」でしょうか。

 

これらは一例で、◯◯さんに合う合わないというのがあると思いますが、相手の状態、会場の雰囲気、応援の有無、スコアの優勢劣勢、自分の精神状態に惑わされず(依存せず)に、決めておいたルーティーン動作を毎回することで、良質な集中を継続させるキーワードになりそうです。(ラリーが終わったタイミングでいったん小さくOFFにし、再びルーティーンでONにする)

 

こんな集中力の細かい波、ルーティーンをつくってみてはいかがでしょうか。

これが「質の良い細かい集中の集まり=(俯瞰して)ゲーム中に維持できる良い集中のかたまり」になっていくはずです。

 

※  ※  ※

 

検査結果の一般的解説、他の要素の解説やカウンセリングシートへご質問の回答も含め、いつもこんな感じでレポートさせて頂いているのですが、

テニス競技でなくとも、仕事などの作業を細かくわけて(時間でわけて)作業→細かくOFF→再びルーティーンでONにしていくのは有効です。

 

認知的不協和って用語を聞いたことがある方いらっしゃいますか?

アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーによって提唱された「人が自分の中で矛盾する「新しい事実」を突きつけられた時に感じる不快感」を表す心理学用語です。

人は認知的不協和を感じた場合にこれを解消すべく、自身の中にある矛盾を正当化する為の「新たな認知」を探しはじめます。

「自身の態度や行動を変更」または「新しい事実を否定」することによって不協和を解消する、というもの。

どちらか一方を否定することで、矛盾を解消して安定させようと(納得させようと)するのです。

おもしろいですよね。

 

これをセルフトークとルーティーンに活用するとどうなるか。

 

認知的不協和セルフトーク活用

A「記事がかけないなぁ」

B「でも月曜朝に公開しなければならない」

!認知的不協和!

C1「今日は疲れてるし、書くのをやめよう。誰も見てないし。」

C2「今日は疲れてて最後までかけるかわからないけど、ちょっとだけ書いてみよう。公開するかしないかは後で考える」

 

認知的不協和ルーティーン活用

A「記事がかけないなぁ」

B「でも月曜朝に公開しなければならない」

!認知的不協和!

C「グダグダでもいいから書いちゃえ、とりあえず」「デコボコでOK」「いーからいーから」と発声→「パソコン開く」「記事投稿画面開く」「みなさん、こんにちは」から書き始める

 

こんな感じで作業すすめると、「認知的不協和」すら活用して、記事が書けそうです。

実際、このセルフトークA→B→C2からのルーティーンA→B→Cを実施することでだいぶ記事にとっかかりやすくなってきました。

(じつは冒頭に「みなさん、こんにちは」とルーティーンで書いてから、記事を書き始め最後にそれを消して公開してます)

 

認知的不協和からのセルフトークとルーティーン活用は、ネガティブをポジティブにひっくり返すゲームみたいな感じで面白いですね。

作業的にもけっこう有効なので、競技特性や仕事、作業のスタイルにあったものをご自身でいろいろ試してみると良いかもしれません。

この気付きを改めてメンタルトレーニングサービスに反映していこうかなと思うきょうこのごろ。

ウンウン言いながら絞り出して記事を書いているのも、あながち無駄ではないようです😋

 

テニスの話題がでたのでルーティーンで有名なナダル選手の動画。

数が多いですね。

スポーツのみならず、ビジネスの場においてもルーティーン有効ですよね。

ぜひ。


※  ※  ※

以上、「認知的不協和を活用したセルフトークとルーティーンの方法」でした。

 

この記事を書いた人→Shinya

 

※  ※  ※

 

自分で目標をたててそれに向かって修正しながら進み続ける「自信」「決断力」「予測力」「判断力」

相手が強くても弱くても自分のチャレンジをし続ける「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」

ルーティーンで集中・脱力の波をコントロールする「精神の安定・集中」

 

ご自身のこれらの9因子傾向を52の質問で可視化し、スポーツメンタリスタ・レベル1準拠でカウンセリング・オンラインアドバイス、サポートする「第4期 : メンタルトレーニング・心理検査・オンラインMeeting(仮称)モニター」募集開始しています。

第1~3期までに得られた内容に基づいて大幅に内容を更新し「おためし系」から「しっかり系」まで3つのプランに。

サービス詳細はこちらから、お申込み前のご相談はGoogleフォーム内の【相談して決めたい】からどうぞ。

 

※  ※  ※

 

3月、4月、5月サイクリングイベント絶賛募集中ですよ。春・春・春♪

三浦半島ではシラス漁解禁、生しらすが大漁の模様です🚓

 

定番の江ノ島発着の三浦半島マグロしらす丼コース80km、110kmに加え、攻め・休むダンシングに加えピレネー山脈で開眼した「サボるダンシング(意外と好評)」も試すことができる、三浦半島で実施する【ヒルクライム講習80㎞】しらす漁解禁&城ヶ島かねあさんの(=^・^=)に新しい仲間がふえました。

5月はグランフォンド軽井沢、最高峰カテゴリのスーパーチャレンジ軽井沢に一緒にいける方大募集中です。

ぜひ現地で合流しましょう♪

 

ライド、メンタルトレーニング、ピラティス参加でポイントたまります。

概要とイベントページリンクはそれぞれリンクから、または下記からどうぞ!

 

春!桜!ねこ!まぐろしらす♪ 4月サイクリング他イベントの募集開始しました!

 

3月カレンダー→こちら

4月カレンダー→こちら

5月カレンダー→こちら

※  ※  ※

 

個人で企画したイベント、レッスンサービスを当コミュニティ上で告知したい方お気軽にどうぞ。(個人またはフリーランスの方に限ります)

当サイトへの掲載、各種記事末に記載する簡単なイベント紹介、当方SNS(FacebookページFBページイベントInstagramStrava、Twitter等)での告知、ご希望によりイベントバナー作成、サービス紹介記事作成などご協力いたします。

協業中はNDA締結後、当方導入済のCRM統計データを展開可能です。

 

現在募集しているアクティビティは

・ピラティス
・ヨガ
・ランニング
・フィットネス・パーソナルトレーニング全般
・食関連イベント、レッスン

 

掲載希望の方は貴社サービスの簡単な紹介と連絡先とともにフォームよりご相談くださいね。

 

問い合わせフォーム

 

※  ※  ※

 

SNSでも情報発信中です。

instagram(写真を見たい方に)

YouTube(動画を見たい方に)

Facebook(記事をフォローしたい方に)