A taste of the best cycling in France − Haute Route Ventoux 2019

A taste of the best cycling in France − Haute Route Ventoux 2019

Haute Route Ventoux 2019 top
(c)Haute Route

A taste of the best cycling in France − Haute Route Ventoux 2019

 

 

昨年末発表された7日間イベント(Pyrenees, Alps, Rockies)Haute Route Ashevilleのコース発表に続き、Haute Route Ventouxの2019年コースが発表されました。

私は昨年、2nd Editionに出場してきました。最高に素晴らしい大会です。プロヴァンスの巨人、魔の山モン・ヴァントゥで最高のオートルート・サイクリングをぜひ楽しんでください^^

原文はこちら

 


 

Haute Route ライダーに人気の Haute Route Ventoux(10月4〜6日)では、昨年同様オリジナルコースとコンパクトコースを選択可能です。

コンパクトコースのルートはオリジナルコースより走行距離、峠の数と累積標高もやや少なくなります。

 

それぞれのイベントではレースカー、マヴィックのメカニックサポート、メディカル、交差点の封鎖など道路上での広範囲なセキュリティ対策から、レース前後のマッサージ、ゴール直後の選手専用の食事(同伴者は有料チケットにて)、ブリーフィングなど他のアマチュアサイクルレースにはない卓越したサービスを提供します。

Haute Routeは各イベントを通して、参加者の皆さんに「Like ride a pro」- プロのレースレベルのサポートが提供されます。
オートルートサイクリングな週末と、魔の山モン・ヴァントゥで忘れられないほどの素晴らしい体験をぜひ味わって下さい。

Haute Route Ventoux 3rd editionのコースハイライトは、Mont Ventouxの頂上を結ぶ3ルートを全て網羅。
朝陽を浴びながらプロヴァンスの葡萄畑、城壁地帯など趣のある街並みの中を駆け抜ける「魔の山モン・ヴァントゥ」を味わい尽くすコース設定です。

イベントプロファイルと各イベントの詳細、エントリー情報は下記をご覧下さい。(英語)

Sign up today.

 

Haute Route Ventoux 2019-1
(c)Haute Route

 

Haute Route Ventoux
Original: 268km / 7980M+
Compact: 214km / 5380M+

Haute Route Ventoux 2019-col
(c)Haute Route

 

Haute Route Ventoux 2019-map
(c)Haute Route

 

欧州開催オートルートのシーズンを締めくくるのは、南仏プロヴァンスの平地にそびえ立つサイクリストに最も人気の山 − モン・ヴァントゥです。
Haute Route Ventoux 3rd Editionはステージ全てのゴールがモン・ヴァントゥの頂上に設定されています(オリジナルコースのみ)。
あなたの2019年サイクリングシーズンを締めくくる、絶好の機会になることでしょう。

 

Stage 1

Haute Route Ventouxの最初のステージはBedoinをスタートしてすぐにトロワ・テルム峠(Col des Trois Termes)までの長いフラットダウンヒルと緩やかな上りです。
コンスタントに続く勾配と山頂へ続くワインディングロードは、オートルート・ヴァントゥーの伝統になりました。
起伏のある丘を幾つも乗り越えてリーニュ峠(Col de la Ligne)へ。ここを越えると次はリギエール峠(Col de laLiguière)までの長い上り坂です。
ここを下るといよいよモン・ヴァントゥーの麓の町、Saultへ。

Saultから登るモン・ヴァントゥは3つのルートの中で最も簡単なルートです。
モン・ヴァントゥを登るサイクリストには有名なレストラン、モン・ヴァントゥ登り19km地点のChalet Reynardに到達するまでは勾配3〜4%区間、樹木のある区間が続き、ここから山頂までは魔の山モン・ヴァントゥならではの白い岩肌ばかりのエリアに差し掛かります。初日はここからラストスパートです。

コンパクトルートは、Col des Trois TermesとCol de la LigneからMont Ventouxへ直進し、Chalet Reynardでフィニッシュです。

 

Stage 2

再びBedoinからスタートする第2ステージ。この日の最初の峠で選手たちはMonieuxの展望台、ゴルジュ・ド・ラ・ネスク (Gorges de la Nesque)の付近を走りながら見る朝陽と息をのむような景色、秋のプロヴァンス、モン・ヴァントゥのコントラストを味わうことができるでしょう。

海抜1211mに位置するロム・モール峠(Col de l’Homme Mort)の頂上まで、チャレンジングな上りが続きます。ここまでは「下り区間」は僅かしかないことに注意です。

Col de l’Homme Mort頂上からは長く緩やかなダウンヒル。この間、短い上りのゼール峠(Col des Aires)ザストー峠(Col des Astauds)を経由してMont Ventouxの麓の町Malaucèneに向かいます。

Mont Ventouxの最も険しい上りルート、Malaucèneからのヒルクライムの特徴は「11%の勾配以下に落ちることが決してない3km区間」。
白い岩がゴロゴロころがり、木々の生息することのできない「モン・ヴァントゥのハゲ山区間」は、初日に続き頂上に向かう選手たちに厳しい戦いを強いることになるでしょう。

コンパクトルートはCol de l’Homme MortとCol des Airesをカットしてマドレーヌ峠(Col de la Madeleine)を経由し、Bédoinに戻ります。

※アルプスのSavoie県にあるマドレーヌ峠ではありません

 

Stage 3

ステージ3、Haute Route Ventoux 2019の最終日は 1st, 2nd editionと同様ベドアンからモン・ヴァントゥの頂上までのヒルクライム。個人タイムトライアルです。

選手たちはひとりひとりBedoinに設置されたスタート台から見下ろす位置に見えるスタートランプの合図で、サイクリストに最も有名な峠のルートでオートルートヴァントゥのフィニッシャーを目指します。

タイムトライアル区間は大きく3つのセクションに分けることができます。
ローリングスタートでSaint-Estèveに向かい、次に森を通ってChalet Reynardまで曲がりくねった急勾配区間を上り、
最後の6km区間はMont Ventouxの象徴的な光景 − 木々の生息することのできない白い世界を走ります。

海抜1909mエリアに設けられたゴール地点で選手たちはこの「魔の山」3つのルートすべてを征服し、Haute Route Ventoux Finisherの称号を手に入れます。

 

Haute Route Ventoux 2019-2
(c)Haute Route
Haute Route Ventoux 2019-3
(c)Haute Route
Haute Route Ventoux 2019-4
(c)Haute Route

 

※  ※  ※

 

Haute Routeに興味のある方、出場を検討されている方は問合せフォームFacebook Messengerからお気軽にご相談ください。

アンバサダー発行レース優待コードの発行(大幅ディスカウント)や、旅程全般、現地ツアー会社・エージェントとともに各種ご相談に乗ることが可能です。

 

以上、「A taste of the best cycling in France  − Haute Route Ventoux 2019」でした。

 

この記事を書いた人→Shinya

 


 

関連記事

Haute Route Ventoux 2018 Stage0 : レジストレーション

Haute Route Ventoux 2018 Stage1:モン・バントゥで足を痙攣させながら登る日本人がいた(東側ソールート)

Haute Route Ventoux 2018 Stage2:裏モン・ヴァントゥのぼってきました(西側マロセーヌルート)

Haute Route Ventoux 2018 Stage3:モン・ヴァントゥヒルクライム3つのルートとは?

産経デジタル Cyclist様
3日間の「旅+観光サイクリング」“魔の山”モン・ヴァントゥを上り尽くす アマチュアレース「オートルート・ヴァントゥ」リポート

 


 

海外レース本番を意識しながら適切なトレーニングにも役立つ「自信」「決断力」「予測力」「判断力」

脚が痙攣しながらでも登り続ける発想の転換にも利用できる「忍耐力」「闘争心」「自己実現意欲」「勝利意欲」

南仏プロヴァンス地方の美しい景色に包まれながら感じる「精神の安定・集中」。

 

52の質問でご自身のこれらの傾向を可視化し、事前カウンセリングに基づいた個別サポートを提供する、

心理的競技能力診断検査(DIPCA.3)結果に基づいたメンタルトレーニングサポート」、第3期募集開始しています。

今回からサポートのボリュームを大幅UPしました。

残席僅かです。

エントリーは こちら

 

※  ※  ※

 

春のボクササイズ×ヨガリトリート募集開始しています。

キャンプファイヤー、BBQ、インドア&アウトドアヨガ+ボクササイズでバーニング♪

オートルート出場時に感じたリトリートの話は → こちら

 

1月末までのお申込で早割適用です。わたくしも行きます。ごいっしょにどうぞ^^

イベントページは→ こちら

 

※  ※  ※

 

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)

モン・ヴァントゥヒルクライム3つのルートとは?‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage3

モン・ヴァントゥヒルクライム3つのルートとは?‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage3

オートルート・ヴァントゥ2018に出場してきました。

現地で投稿したInstagramオートルート公式Facebookの写真を中心にご紹介しています。

オートルート・バントゥ2018最終日のステージ3はモン・ヴァントゥをITT、インディビジュアルタイムトライアルで登ります。

【ITTとは】
インディビジュアルタイムトライアルは個人のタイムトライアル競技のこと。
こちらは2018年ツール・ド・フランス第20ステージ個人タイムトライアルの様子です。
やはり迫力ありますね。

 

参考までに、TTTはチームタイムトライアルのこと。
動画のように複数で走行します。

ここのコース後半にでてくるCol de Portet-d’Aspet, Col de Menté, Col du Portillon
昨年、一昨年とオートルートアルプスで登りました。

2018年第3ステージでBMCが優勝してましたね。みんなで走るのたのしそう。

今回のモン・ヴァントゥのタイムトライアルは第3のルート、
ベドアンルートを登ります。

ITTですがエアロヘルメットはかぶらずに走ります。

第1ルート(東ルート/ソー側/Sault route)の模様はこちら。
モン・バントゥで足を痙攣させながら登る日本人がいた(東側ソールート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage1

 

第2ルート(西ルート/マロセーヌ側/Malaucène route)
裏モン・ヴァントゥのぼってきました(西側マロセーヌルート)‐ Haute Route Ventoux 2018 Stage2

 

そしてこのモン・ヴァントゥの南側にある町、
Bedoinからスタートする第3ルート(南ルート/ベドアン側/Bedoin route)です。

 

死の山、魔の山モン・ヴァントゥ3コースを走りつくすのは今回の拠点になったベドアンに宿を構えるのがベストです。
ベドアンへのアクセスやモン・ヴァントゥ全般のまとめ記事はこちら。
死の山モン・ヴァントゥとサイクリング拠点に便利なベドアンへのアクセス : オートルート・バントゥ2018

Haute Route Ventoux 2018
Stage3 Bédoin – Mont Ventoux
21km | 1600m D+

 

Haute Route Ventoux_stage3_map

 

Haute Route Ventoux_stage3_cols

 

 

個人タイムトライアルは前日までの総合順位に基づき出走順番が決まります。

私は今回とても遅かったので早いスタートグループにまざります。(毎回か..)

この日の天気は昨晩おそくに降りはじめた雨がつづき、
事前予報どおりの雨・タイムトライアル。

午後から天気は回復基調のようでしたが、モン・ヴァントゥ頂上だけは例外です。

念のためバックパックに替えのウェアや冬用グローブ、レインジャケットなどをしのばせ、
スタート地点のスタッフにわたします。

雨のヒルクライムは上りは暑くなり、下りはとても寒くなるのでウェアのチョイスにとても悩まされますよね。

今回はトライアスロンチームの冬用ジャケットとチャンピオンシステムの冬用ビブを着用。

準備はばっちり‥と思ったのもつかの間、バイクボトルを宿においてくるという失態。

なかなかハードな設定になりました。萌えますね。

スタート前のようす。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

スタート台の傾斜もスリッピーで要注意。

ご夫婦で出場していたおふたり。フォローしつつ二日間、様々な話をしながらのぼりました。

今回は20秒間隔で順次スタートしていきます。
通常のオートルートITTは15秒間隔。
コンディションを考えて少し余裕を持たせているようでした。

スタートしてすぐのところでカメラマンが激写してくれます。

のぼっている途中はこんな天気でしたが、やはり冬仕様のウェアは暑かった。
バイクボトルなし。のどが渇く。

みんなを応援してくれていた観光客のおふたり。

標高が上がるほど、どんどん霧が濃くなっていく。

マルセイユ空港シャトルでご一緒した女性。キュートでした。そしてとてつもなく速かった。

昨年はアビニョンに宿を構え、ベドアンルートでモン・ヴァントゥを登りました。

 

View this post on Instagram

 

#lovecycling #athletearchitect #day22

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿 –


オートルートでは登りながらさまざまな動物たちに出会うことがあります。

こちらは昨年登ったステルヴィオ峠

 

View this post on Instagram

 

#cowbell #lovecycling

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿 –

昨年のモン・ヴァントゥ。ひつじの群れ。

そして今年。とうとうかこまれました。
いっしょに走っていた選手「Just kidding! :)」

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

こんなアクシデントもヨーロッパを走るたのしさのひとつ。

フランスにも日本と同様に春夏秋冬、四季があります。
プロヴァンス地方では移牧での牧畜がまだのこっていて、真夏になる前にふもとで飼育されている羊や山羊、牛を新鮮な牧草のある標高の高いエリアへ移動させます。

羊飼いは職業としては約5000年前には存在していたとのこと。
調べたところモーゼやジャンヌ・ダルクも羊飼いだったとされています。

アルプスの少女ハイジでは山羊飼いのペーターが、夏の間はデルフリ村のヤギ達を山の牧場に連れていっていましたよね。

フランスでも秋が深まる10月はじめ。
高地から牧羊犬とともに群れを率い、ふもとの村に数カ月ぶりにもどる羊飼いの方に出会える貴重な経験となりました。

牧羊犬のピレネー犬も映っています(私のうしろであくびをしているようでしたが何故‥)

どうぶつ大好きサイクリストの皆さんは、モン・ヴァントゥをベドアンルートで登るのが大変おすすめです。

時期的には羊にも会える夏の時期、そしてラベンダー満開の6月中旬から8月にかけてがベストシーズンでしょう。
(ソーでは毎年8月14、15日にラベンダーの収穫祭があるのでサイクリングならその前までの旅程がベターです。)

頂上までのこり約6kmを残す地点で標高1417mにあるChalet Reynard駅(Ski Station)で、ステージ1でも登ったソーからの東側ルートと合流します。

ここのレストラン(Le Chalet Reynard)で休憩するサイクリストが多いです。
モン・ヴァントゥジャージなども売っています。

ここから6kmで約500mのぼる激坂区間に入ります。

天文観測塔が徐々に見えてきました。

タイムトライアル中ですが途中のリフレッシュメントポイントで自転車をラックにかけ、ゆっくりとコーラをのみながら皆さんに声援をおくります。
(通常、トライアスロンのように走行しながらドリンクを受け取るパターンですが気にしない)

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

最後の上りは皆さん全力で、そして素敵な笑顔に。

You did it!

頂上ではどんどん天候が悪くなり、風もつよくなってきていました。
選手たちは3日間のレースをたたえ合い、記念写真を撮り下山するのが名残惜しいようでした。

モン・ヴァントゥ特有の地中海へ吹き下ろすミストラルに気をつけながら下山し、
ビレッジへ戻ると完走メダルとMavicのフィニッシャーTシャツをもらえます。うれしい瞬間。

午後は三日間の締め、アフターパーティーがビレッジで開催されます。
選手はもちろんフリー。ファミリーは有料で参加できます(現地支払も可、インフォポイントにて)。

3日間の総合優勝の方にはMavicギフトと3Tのロードバイクが贈呈されていました。豪華。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

その他の受賞者にはギフトカードとモン・ヴァントゥのミニチュアマイルストーンの贈呈。
マビックギフトカードに私が(真ん中の右手をあげている男)。
昨年のオートルートアルプスでカメラマンを意識してポーズとったのを思い出しました。
ポーズはとっておくもんですね。このギフトカードもらえないかなぁ。

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Athlete Architectさん(@athletearchitect)がシェアした投稿

今回のオートルート・バントゥでは昨年登ったベドアンルートに加え、
通称ラベンダー街道のソールート、中世の城塞の雰囲気を残すマロセーヌルートの3ルートを制覇しました。

モン・ヴァントゥを登り尽くすには、やはり麓の町ベドアンに拠点をおくのがお薦めです。

ラベンダーの咲く6月下旬から8月にかけてがサイクリング的にはモンヴァントゥサイクリングにはベストシーズン。

 

一方で海外サイクリングは飛行機輪行や現地の移動手配、メカニックの問題ふくめ、初心者にはハードルがたかいのも事実です。

オートルートでは空港からレース・イベント開催地までの往復送迎もあり現地交通に不安がある場合にとても安心感があります。
レースイベントとはいえ、今回のモン・ヴァントゥステージではショートコース(オルタナティブ)も新設されました。

初中級者の方は3日間イベント、かつオルタナティブコースでオートルートイベントの雰囲気を楽しみ、
前後に観光などを加える旅程を組むのもよいでしょう。

 

フランス、イタリア有名どころの峠周辺を味わいつくす3日間イベントとしては他に、
ステルヴィオ峠を登り尽くすオートルートステルヴィオ
憧れのラルプデュエズを走るオートルートラルプデュエズも人気のイベントです。
2019年もオートルートヴァントゥは開催されます。

同じ3日間のものでは来年、初の中東エリアオートルートオマーン(5月)、
オートルートメキシコ(10月)が新規で開催。

ドロミテ山脈の素晴らしい景色が味わえるオートルートドロミテ
美しい海岸線とフィヨルドの激しいアップダウンを堪能するオートルートノルウェー

北米系ならオートルートアシュビルユタサンフランシスコ

 

3日間で物足りない剛脚自慢な方はクラシックな7日間仕様のオートルートアルプスオートルートピレネー
グラベル系の北米オートルートロッキーで上位を狙うのも良いでしょう。

 

海外サイクリングのきっかけとしてオートルートシリーズは大変オススメのレース・イベントです。

各種情報はオートルート公式サイトから入手できます。

 

本記事が日本のサイクリストの皆さんに「海外旅+サイクリング」の楽しさ、
オートルート、モンバントゥサイクリングの楽しさが少しでも伝われば幸いです。

 

 

 

View this post on Instagram

 

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

Shinya TSUSHIMAさん(@shinya.tsushima)がシェアした投稿

SNSでも情報発信中です。

インスタグラム(写真を見たい方に)

フェイスブックページ(記事をフォローしたい方に)