オートルート.タイムトライアル

オートルート タイムトライアル動画集 / Haute Route Movie collection “ITT Start”

各シリーズ800㎞以上、獲得標高は約20,000mにも達するアマチュアサイクルレース「オートルート」。

4日目や5日目に20㎞程度のヒルクライムのみのアクティブレストな休息日が設定されます。

オートルート タイムトライアル動画集

とはいえ、ラルプデュエズガリビエ峠など有数の激坂を上るタイムトライアル。順位も発表されるので結構ガチで登る選手が多いです。

私も2015年、2016年は流し気味で登りましたが、
2017年のアルプスドロミテでは結構頑張りました。

タイムトライアル専用のスタート台から後ろを支えてもらってスタートする本格的な雰囲気。

動画にも映っている「ガンバッテー・ガンバッテー」と応援してくれる大会司会の女性には、
2016年の大会から私のことを覚えてくれていて日本語でずいぶんと声をかけて頂けるようになりました。

アイアンマンニースなどでも司会担当しているとご本人より。
次はトライアスロンの会場で再会するのも楽しそうです。

 

オートルート.リフレッシュメントポイント

オートルート リフレッシュメントポイント 動画集 / Haute Route Movie collection “Refreshment point”

「アマチュアサイクルレースで世界一登り、世界一タフ」といわれる「オートルート」。

RAAM(レースアクロスアメリカレース・アクロス・イタリア

レッドブル・トランスシベリアン・エクストリームやチベット横断レースなど

超ロング・エクストリーム系、クレイジーなレースが増えてきました。

オートルート.リフレッシュメントポイント

規模の大小にかかわらずレースは主催者、大会スタッフの皆さんに支えられて

選手たちはレースに集中・楽しむことができる事ができるわけです。

 

3年連続出場したオートルート

スタッフの皆さんの暖かいサポートで

とても楽しむことができました。

 

レース中やイベントの動画をアップしているYouTubeよりそんなやりとりも収められている

「リフレッシュメントポイント(エイドステーション)」の様子を集めた動画を

まとめました。