ヒルクライム

激坂大野山ヒルクライム&カフェライド。ポニーとじゃれるロングディスタンスにチャレンジ。

三連休ラストは大野山ヒルクライム115km。

登りスタート地点に到達する前に、既に15kmほど登ったり下ったりして脚を削る。

大野山ヒルクライムは約7km、平均勾配は8.3%。

…なんですが、平坦や若干の下り区間含めた平均勾配のため、

上り区間だけだと10%超え区間がコンスタントに続く素敵な峠。

⑩湘南/大野山115kmコース

 

頂上から望む富士山、丹沢湖、愛鷹山、箱根外輪山、相模湾。景色が最高なんですが、ホントに激坂なんですよね…

メンバーさんお互いでサポートしあい、フォローしあい。

途中のポニー放牧エリアでホンワカ。

 

ダウンヒルして麓のカフェで今後のイベント情報交換。

サイクリングを通してご縁がつながっていくお手伝いが出来ているのが嬉しいですね。

今日もよきライドでした。

 

【今日のようす】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 


 

 

 

 

 

 

箱根旧道と大観山を登るThe old Hakone road climb 130km

今日は130km走って1500mほど上昇する「The old Hakone road climb & Lake Ashi 130km」。

そして月1回実施している「運動強度アゲ系」Haute Route Training Rideでした。

12:湘南/大観山130kmコース

6:中~上級者向け / Haute Route Training Ride

 

朝方風が強く、江の島スターバックスさんから134号線を西に向かうと、湘南の海、富士山がくっきり。

「七曲り」と言いながら13回曲がるキラークライム、猿もすべる勾配の、箱根旧道。

くっきり富士山を見ながら気持ちよく登る、大観山。

 

登りながら皆さんと話していたのは、

「ヒルクライムは動く禅である」、ということ。

 

登りながら。急勾配を見上げてむむ!と思いながらも。

まあいつも通り笑顔出てる訳ですが。

 

深い呼吸とともに丁寧に腿を引き上げ、ペダルに力を伝え1回転ごと。

急勾配を少しずつ進む事を続けているといつしか、意識が内側に向いてくるんですよね。

自分と対話したり、様々な事を思い出したりしている。

これ、私だけでなくて今日の参加者の皆さん、おっしゃる。

 

ヨガやピラティスも動きながら内観に至り、とても心地良い感覚が生まれることがあります。

ヒルクライムをしていてもほぼ、同じ感覚が出てきます。

サイクリストの皆さん、おそらく近いイメージをお持ちの方も多いのではないかなと思っています。

 

サイクルコンピュータの消費カロリーを見ると「約6,000kcal」と。

ヒルクライムは有酸素運動+筋力トレーニングを同時に実施するので、

フィットネスとしても、おすすめ。

またぜひご一緒しましょう。

 

【今日のようす】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

やっぱり激坂がすき。大磯ヒルクラ講習と湘南平でお弁当50km

やっぱり激坂がすき。大磯ヒルクラ講習と湘南平でお弁当50km

今日は箱根旧道で激坂を堪能する予定でしたが昨日の降雪で予定変更…!

ヒルクライムレッスン+湘南平50kmコースでのぼり方のレッスン。

 

のぼりのドリルはシッティングのペダルスムースネス講座、

立ち漕ぎ(ダンシング構築)に分けたプログラム構成にしています。

今日はその両方のエッセンスを凝縮してお届けしました。

 

一つ一つのうごきを解説しつつ。

激坂のぼるときの考え方も含めて繰り返し練習してだいたい1時間。

 

箱根旧道クラスを登るとき、立ち漕ぎダンシングばかりだとつかれてしますので、

シッティングのペダリングを基本に忠実に動かせるような練習をしつつ、

モモの引き上げ、上死点、足の重さを使う「サボりつつ登る」感じをお伝えしました。

 

平地走行でもそうですが攻めるとき、守るとき、サボるとき。

ケイデンスをあげて心拍に負担をかけるか。

パワーを使って攻めるダンシングで速筋を多用するか。

じぶんの体重をつかって呼吸を整えながら登るのか。

 

これらの間を何回もスイッチしながら。

根気よくペダリング続けていれば意外と名だたる峠でも制覇でるもので。

 

今日の湘南平は雨上がりのきれいな空と雲。

外でたべるランチも気持ちいですね。

つぎは箱根旧道、ぜひご一緒しましょう^^

⑨湘南/箱根旧道100kmコース

 

【きょうのようす】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿