激坂

激坂大野山ヒルクライム&カフェライド。ポニーとじゃれるロングディスタンスにチャレンジ。

三連休ラストは大野山ヒルクライム115km。

登りスタート地点に到達する前に、既に15kmほど登ったり下ったりして脚を削る。

大野山ヒルクライムは約7km、平均勾配は8.3%。

…なんですが、平坦や若干の下り区間含めた平均勾配のため、

上り区間だけだと10%超え区間がコンスタントに続く素敵な峠。

⑩湘南/大野山115kmコース

 

頂上から望む富士山、丹沢湖、愛鷹山、箱根外輪山、相模湾。景色が最高なんですが、ホントに激坂なんですよね…

メンバーさんお互いでサポートしあい、フォローしあい。

途中のポニー放牧エリアでホンワカ。

 

ダウンヒルして麓のカフェで今後のイベント情報交換。

サイクリングを通してご縁がつながっていくお手伝いが出来ているのが嬉しいですね。

今日もよきライドでした。

 

【今日のようす】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 


 

 

 

 

 

 

やっぱり激坂がすき。大磯ヒルクラ講習と湘南平でお弁当50km

やっぱり激坂がすき。大磯ヒルクラ講習と湘南平でお弁当50km

今日は箱根旧道で激坂を堪能する予定でしたが昨日の降雪で予定変更…!

ヒルクライムレッスン+湘南平50kmコースでのぼり方のレッスン。

 

のぼりのドリルはシッティングのペダルスムースネス講座、

立ち漕ぎ(ダンシング構築)に分けたプログラム構成にしています。

今日はその両方のエッセンスを凝縮してお届けしました。

 

一つ一つのうごきを解説しつつ。

激坂のぼるときの考え方も含めて繰り返し練習してだいたい1時間。

 

箱根旧道クラスを登るとき、立ち漕ぎダンシングばかりだとつかれてしますので、

シッティングのペダリングを基本に忠実に動かせるような練習をしつつ、

モモの引き上げ、上死点、足の重さを使う「サボりつつ登る」感じをお伝えしました。

 

平地走行でもそうですが攻めるとき、守るとき、サボるとき。

ケイデンスをあげて心拍に負担をかけるか。

パワーを使って攻めるダンシングで速筋を多用するか。

じぶんの体重をつかって呼吸を整えながら登るのか。

 

これらの間を何回もスイッチしながら。

根気よくペダリング続けていれば意外と名だたる峠でも制覇でるもので。

 

今日の湘南平は雨上がりのきれいな空と雲。

外でたべるランチも気持ちいですね。

つぎは箱根旧道、ぜひご一緒しましょう^^

⑨湘南/箱根旧道100kmコース

 

【きょうのようす】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿


 

三浦半島ほぼ、1周。週末は三浦半島でマジあそび。 around the miura peninsula 100km

三浦半島サイクリングはやっぱり、いいですね。

 

R134から見える湘南の海。

多々良浜のボードウォークで見る砂浜、空と雲。

三浦大根とキャベツ畑の、収穫。

城ヶ島海鮮丼。

コース随所に現れる適度な、三浦アップダウン。

 

ふだんビルに囲まれた町でPCを使ってお仕事して。

週末や休みの日には思い切って。

湘南サイクリングで自然を満喫する「マジ遊び」。

オトナにも必要なのではないか、ということ。

 

今日も江ノ島スタバからスタートして”三浦半島ぐるっとほぼ1周”の約100km。

海と空と田園風景を走るたび、さまざま味わえるのいいですね。

 

今日は少しだけ運動強度を上げて走るトレーニングライドでした。

ご参加の方はダンシングがどんどん上達されていまして。

「ペダルに体重を乗せて踏み込むのが楽しくなってしまった」、と。

インストラクター冥利につきます。感謝。

 

三浦半島110kmコースは毎月数回実施しています。

⑧湘南三浦半島110kmコース

 

ヨーロッパ発祥のタフなアマチュアサイクルレース、オートルート。

本国事務局からグッズのおまけつきのトレーニングライドは月1回実施しています。

6:中~上級者向け / Haute Route Training Ride

 

よかったらぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

【イベントのようす】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿