HauteRoute

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ – DOLOMITES CHALLENGE – Friday 12 – Sunday 14 June, 2020

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ

オートルートでも人気の高い3日間シリーズ、オートルートドロミテ。私は2015、2016、2017年に出場しました。

 

ドロミテ山岳地帯は勾配のキツい峠も多いのですが、上りながら見える風景、上り切ったあとに頂上から見渡す景色は息をのむほどの美しさ。

特に「3つのピーク(3 cime)」ともよばれる「トレ・チーメ・ディ・ラヴァレド」を間近に見上げながら、景色につつまれながらのサイクリングの記憶は今でも鮮明にイメージができ、また訪れたいと感じさせてくれる峠のひとつです。

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ2020_1

 

フレンチアルプス、スイスアルプス、イタリアンアルプス。
アルプス山脈サイクリング、トレッキングでもドロミテ山岳地帯は随一の人気を誇ります。

 

2020/6/12から3日間で開催予定だったオートルート・ドロミテ。
Covid-19感染拡大により残念ながら先日、中止アナウンスがありました。

 

でも、美しいドロミテ山脈の風景写真に思いを馳せ、駆け巡る想像をすることはいつも自由です。

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ2020_2

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ2020_3

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ2020_4

オートルートドロミテ・ストラバチャレンジ2020_5

 

39か国、106名で構成させるオートルートアンバサダーチームは、あなたのイメージの境界線を押し広げ、新たな高みに到達するために挑戦に手を差し伸べることを決意しています。

続きを読む

箱根旧道と大観山を登るThe old Hakone road climb 130km

今日は130km走って1500mほど上昇する「The old Hakone road climb & Lake Ashi 130km」。

そして月1回実施している「運動強度アゲ系」Haute Route Training Rideでした。

12:湘南/大観山130kmコース

6:中~上級者向け / Haute Route Training Ride

 

朝方風が強く、江の島スターバックスさんから134号線を西に向かうと、湘南の海、富士山がくっきり。

「七曲り」と言いながら13回曲がるキラークライム、猿もすべる勾配の、箱根旧道。

くっきり富士山を見ながら気持ちよく登る、大観山。

 

登りながら皆さんと話していたのは、

「ヒルクライムは動く禅である」、ということ。

 

登りながら。急勾配を見上げてむむ!と思いながらも。

まあいつも通り笑顔出てる訳ですが。

 

深い呼吸とともに丁寧に腿を引き上げ、ペダルに力を伝え1回転ごと。

急勾配を少しずつ進む事を続けているといつしか、意識が内側に向いてくるんですよね。

自分と対話したり、様々な事を思い出したりしている。

これ、私だけでなくて今日の参加者の皆さん、おっしゃる。

 

ヨガやピラティスも動きながら内観に至り、とても心地良い感覚が生まれることがあります。

ヒルクライムをしていてもほぼ、同じ感覚が出てきます。

サイクリストの皆さん、おそらく近いイメージをお持ちの方も多いのではないかなと思っています。

 

サイクルコンピュータの消費カロリーを見ると「約6,000kcal」と。

ヒルクライムは有酸素運動+筋力トレーニングを同時に実施するので、

フィットネスとしても、おすすめ。

またぜひご一緒しましょう。

 

【今日のようす】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

三浦半島ほぼ、1周。週末は三浦半島でマジあそび。 around the miura peninsula 100km

三浦半島サイクリングはやっぱり、いいですね。

 

R134から見える湘南の海。

多々良浜のボードウォークで見る砂浜、空と雲。

三浦大根とキャベツ畑の、収穫。

城ヶ島海鮮丼。

コース随所に現れる適度な、三浦アップダウン。

 

ふだんビルに囲まれた町でPCを使ってお仕事して。

週末や休みの日には思い切って。

湘南サイクリングで自然を満喫する「マジ遊び」。

オトナにも必要なのではないか、ということ。

 

今日も江ノ島スタバからスタートして”三浦半島ぐるっとほぼ1周”の約100km。

海と空と田園風景を走るたび、さまざま味わえるのいいですね。

 

今日は少しだけ運動強度を上げて走るトレーニングライドでした。

ご参加の方はダンシングがどんどん上達されていまして。

「ペダルに体重を乗せて踏み込むのが楽しくなってしまった」、と。

インストラクター冥利につきます。感謝。

 

三浦半島110kmコースは毎月数回実施しています。

⑧湘南三浦半島110kmコース

 

ヨーロッパ発祥のタフなアマチュアサイクルレース、オートルート。

本国事務局からグッズのおまけつきのトレーニングライドは月1回実施しています。

6:中~上級者向け / Haute Route Training Ride

 

よかったらぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

【イベントのようす】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athlete Architect(@athletearchitect)がシェアした投稿