Cycling

大箱根十国峠ロングライド130km|7月ツアー記録

大箱根十国峠

大箱根十国峠ロングライド130km|7月ツアー記録

鵠沼海岸発着定期ツアー、箱根旧道と箱根峠ヒルクライム、熱海峠と十国峠。

 

北に富士山、西に駿河湾、東に相模湾を望む十国峠レストハウスでヒルクライム談義と写真撮影。

帰路は熱海峠を経由し標高ゼロメートルまで一気にダウンヒル。

先日開催したツアー記録です。

 

4月にコース策定、募集開始。天候理由でなかなか開催できずおまたせしました。

安全走行にご協力くださり、いつもありがとうございます。

 

十国峠から望む絶景、相模湾東方沖に浮かぶ利島、源実朝の想いを辿る旅

十国峠、名の由来

十国峠は静岡県熱海市と田方郡函南町の間にある峠。

北に富士山、西に駿河湾、東に相模湾を望む十国峠(日金山、十州峠とも呼ばれます)。

 

この十国峠。

峠の頂上から伊豆、相模、駿河、遠江、甲斐、安房、上総、下総、武蔵、信濃の国、合計十国(十州)をぐるっと見渡せたことに由来します。

 

峠の頂上から見渡す絶景、源実朝の詠んだ歌とは

十国峠ケーブルカーで峠の頂上へ。ぐるり絶景は先に述べた十の国に加え、大島・新島・神津島・三宅島まで。

頂上に源実朝の歌碑。「箱根路を わが越えくれば伊豆の海や 沖の小島に波の寄る見ゆ」。

「訳:険しい箱根の山道を私が越えて来ると、伊豆の海の沖の小島に、波がうち寄せているのが見える。」

 

当時22歳の実朝が箱根権現、伊豆山権現二所詣の際にこの十国峠を登り、360度の絶景を見渡しながら読んだ歌。

短い言葉のはざまに浮かぶさまざまな当時の情景と、想い。

 

「金塊集」に記されたこの和歌。

「沖の小島」は伊豆半島東方沖、網代の沖に浮かぶ静岡県最北端の利島(静岡県熱海市)の事と言われています。

レストハウスから望む三島、沼津、富士方面の景色も大変美しいです。

サイクルラックもあります。時間があれば、ぜひケーブルカーで、頂上まで。

 

箱根旧道(箱根旧街道)のヒルクライム

箱根旧街道(はこねきゅうかいどう)は、神奈川県足柄下郡箱根町、静岡県三島市と田方郡函南町にある旧東海道の一部。

標高約10メートルの小田原宿からはじまり、標高846メートルの箱根峠を経由し再び標高約25メートルの三島宿までの箱根八里(約32km)のルート。

「箱根の山は天下の険」と歌われたほどの難所。

江戸・日本橋から京都・三条大橋に至る約492kmの東海道53次の中でも、険しさで随一。

 

箱根旧街道のヒルクライムは距離は10kmほど、獲得標高約700m、平均勾配6.5%。

多少のくだりが含まれるルート平均勾配につき、上り区間のみ換算だと勾配10%以上。

とくに七曲区間、猿すべり区間は平均10〜12%の激坂。15%超え区間もあり走りごたえ抜群ですよね。

 

このツアーでは、箱根旧街道ヒルクライムを制したあとは、芦ノ湖方面から進む箱根峠のマイルドクールダウン設定。

道の駅箱根峠で小休憩、箱根峠頂上からダウンヒルで十国峠レストハウスまで。

富士宮やきそばなどで補給し、ふたたび熱海方面へダウンヒル。

 

それぞれ、峠のデータや周辺情報、いまの様子は下記サイトから確認してみてくださいね。

箱根旧道ヒルクライム

箱根峠ヒルクライム|距離13.3km-累積標高756m

十国峠ヒルクライム

 

 

大箱根十国峠ロングライド130kmツアーのようす

ツアーの様子を写真でご紹介しています。


その他の写真はInstagramから

 

ツアー参加リクエスト:大箱根十国峠ロングライド130km

当ガイドによる大箱根サイクリングツアーにご参加希望のソロエントリーの方はツアーカレンダーから催行日程をご確認下さい。

2名様以上でご参加希望の方は、ツアーカレンダー日程に関わらず専用ページからご希望の日程にエントリーいただけます。

ご参加お待ちしております!